社会福祉法人 四天王寺福祉事業団
文字サイズ 大 中 小

[高齢福祉施設] 四天王寺たまつくり苑

活動状況

ひとりごと - 2011年6月

2011年6月16日

ジメジメと・・・

 

湿度がたかく、むし暑い日が続いています。

皆さん、食事はしっかり食べていますか??

 

たまつくり苑では、15日にデイサービスのランチバイキングを行いました。

メニューは・・・

●お好み焼き

●焼きそば

●胡瓜の酢の物

●豆腐サラダ

●フルーツ

 

焼きそばは厨房ではなく、フロアでソースをからめ

ソースの焦げるにおいを楽しんで頂きました ハート.gif

今月は特養でも焼きそばレクをする予定です きらきら2.gif

 

これからの時期、食欲が低下しがちですが

しっかり食事・睡眠をとり、体調に気を付けて下さい(*^_^*) あげあげ.gif

2011年6月2日

この時期。。。

ジメジメした日が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか?

今日は、この時期注意していただきたい『食中毒』について、記載したいと思います。

食中毒菌は、日常生活の様々な場所に居ます。

そこで、食中毒を予防するには、どうすればいいのか??

食中毒予防の3原則は。。。

①付けない:食中毒菌が手や調理器具を介して食品に付着し,増えることで食中毒を起こすことがあります。

・基本は手洗いです。自らが細菌の運び屋にならないように,こまめに手を洗いましょう。
・調理器具をしっかり洗いましょう。
・包丁・まな板は,肉用・魚用・野菜用に分けて使いましょう。
・肉や魚の保存は,他の食品に肉汁等がかからないように,袋や容器に小分けしましょう。

②増やさない:一般に食中毒菌は,室温状態(10℃~40℃)の時,急速に増殖します。

・冷蔵庫で保存の食品は、すぐ冷蔵庫に入れましょう。
冷蔵庫,冷凍庫の詰めすぎに注意しましょう
・冷凍食品の解凍は,冷蔵庫内で行うか,電子レンジを使いましょう
・作った料理は早めに食べましょう。

③やっつける:食中毒菌は、加熱することで菌をやっつけることができます。

・加熱できる食材は、十分に加熱してから食べましょう。

・残った食品を温め直す時も十分に加熱しましょう。

・調理器具は,漂白剤や熱湯などで定期的に消毒しましょう。

※ただし、加熱できる食品は限られています。また,食中毒菌が作り出す毒素の中には熱に強いものもありますので,加熱したから大丈夫という過信は禁物です。

皆さんも、この3原則で食中毒を予防してくださいね。