働く人を知りたい

四天王寺福祉事業団には、ご利用者様との時間を大切にして、
自分磨きにも力を入れている輝く先輩たちがたくさんいます。
そんな先輩たちに、四天王寺福祉事業団の
魅力」「楽しさ」「働くやりがい」について語ってもらいます。

2014年度新卒採用 障害児施設支援員 四天王寺大学 人文社会学部卒
2014年度/新卒採用
障害児施設支援員
四天王寺大学 人文社会学部卒
2010年度 新卒採用 養護老人ホーム支援員 関西福祉大学 社会福祉学部卒
2010年度/新卒採用
養護老人ホーム支援員
関西福祉大学 社会福祉学部卒
2009年度 中途採用 悲田院保育園担当 保育士
2009年度/中途採用
悲田院保育園担当 保育士
2004年度 中途採用 デイセンター介護長
2004年度/中途採用
デイセンター介護長

デイセンター介護長 坂本 崇さん

販売員からの思い切った転職!

実は僕、前職で洋服の販売員をしていました。その頃の先輩に医療や福祉系に転職される人が多くて。もともと人と接する仕事が好きなので、彼らの話を聞くうちに福祉に興味を持つようになりました。

専門学校で1年学んで資格を取って、就職したらすぐ相談員を…と思っていたんですが、配属されたのは介護の現場でした。うちの法人には「最初は介護の現場で働いて、その経験を生かして相談員をする」という流れがあります。相談業務をするには介護の現場を知っておくのは大切なので、今から思えばちょうどよかったんです。ただ、最初は不安な面もありました。学生の頃から福祉を学んでいない“出遅れ感”みたいなものがあって。でも、周りの先輩がたのフォローもあって、自分で思っていたよりはスムーズにここまできたなって思います。これまでにも入所(老人ホーム)と通所(デイ)で、介護員や生活相談員、ケアマネージャー…と、いろいろ経験させてもらってます。

「目標を持つ」が長く続ける秘訣

「目標を持つ」が長く続ける秘訣

現場の仕事は、サービスの提供です。それに対して「ありがとう」という言葉をかけていただいたり、嬉しそうな表情をされると、純粋に僕もうれしくなります。でも経験を積んでいくと、ある時期から「ありがとう」だけでは満足できない部分も出てくる。だから、別のところに目標を持つようにしています。それが、モチベーションを維持する力になるから。

僕の場合「介護長」という立場でもあるので、施設の運営を維持するために一定の利用率(稼働率)に対して年間目標を立ています。集客やアピールとかを頑張って、成果が数字に出ると達成感を感じますね。

当然、自分の目標は好き勝手に決めるのではなく、法人全体の目的や施設の目的、事業計画…などに合わせて、その中で自分が何をする、という風に立てていきます。今は部署の計画立案もさせてもらうし、施設の事業計画にも参画しています。やりがいを、自分でたくさん作ることができるのもいいですよね。

中途採用にも、安心の職場

中途採用にも、安心の職場

転職を考えるとき、どうしても気になるのが「福利厚生」や「お金」の面です。中途採用になると、それなりの年齢にもなってるし、キャリアもあるし、家族を養わないといけない…ってこともあります。実際、僕も結婚して子供も居るんですけど、四天王寺福祉事業団ではそういう面に対しての心配は感じてません。福祉の事業は賃金が安いと言われがちですが、ここは決してそんなことはないと思います。扶養手当や住宅手当などが充実してますしね。長く続けたいと思っている人には、環境の変化に合わせた待遇もちゃんと用意されているんですよ。それが転職するときに感じた大きなメリットでしたね。

僕もここで長く働いてきましたが、今も先輩や上司と面談する機会も定期的にあって、そのたびに初めて気づくことがたくさん出てくるんです。ここは施設も多いし人も多い。そのぶん学びもたくさんある。他施設の仲間とも話す機会をたくさんもっと、自分の視野も仕事の幅も、もっと広げていきたいですね。