働く人を知りたい

四天王寺福祉事業団には、ご利用者様との時間を大切にして、
自分磨きにも力を入れている輝く先輩たちがたくさんいます。
そんな先輩たちに、四天王寺福祉事業団の
魅力」「楽しさ」「働くやりがい」について語ってもらいます。

2014年度新卒採用 障害児施設支援員 四天王寺大学 人文社会学部卒
2014年度/新卒採用
障害児施設支援員
四天王寺大学 人文社会学部卒
2010年度 新卒採用 養護老人ホーム支援員 関西福祉大学 社会福祉学部卒
2010年度/新卒採用
養護老人ホーム支援員
関西福祉大学 社会福祉学部卒
2009年度 中途採用 悲田院保育園担当 保育士
2009年度/中途採用
悲田院保育園担当 保育士
2004年度 中途採用 デイセンター介護長
2004年度/中途採用
デイセンター介護長

養護老人ホーム支援員 厚母 恵子さん

分野が幅広いから可能性も広がる◎

もともと保育士か幼稚園教諭になりたかったんですが、高校生の頃祖母が要介護になったことで福祉にも興味が湧いて。でもどちらか選べなくて、大学も保留のまま、福祉と保育の両方を選択できる学校に行きました。その後、障害児と出かけるガイドヘルパーを経験したら、今度は障害児サポートもいいなって(笑)四天王寺福祉事業団は、そういう意味で「私に合うかな」って思えたんです。いろんな分野の施設があるし、もしこれからやりたい分野が変わっても、ここには自分から手をあげられる志願制度がありますから。

今の養護老人ホームは勤続7年目ですが、毎日とても充実してます。ご利用者様とも和気あいあいですし、職員同士も正規/パートの隔たりもなく仲がいいです。職場にはベテランの方も多いので、とても助かってます。相談もしやすくて、対処法やアドバイスなどいろいろ経験談が聞けるのも勉強になります。職場環境としては、ものすごく恵まれているなぁと思いますね。

寄り添う、だけじゃない

寄り添う、だけじゃない★

正規職員になると、ご利用者様ができない事務処理の代行作業が多くなります。どうしてもご利用者様との接点が減ってしまうので、パート職員さんとも連絡を密にして、なるべくご利用者様との時間を持てるように工夫をしています。パート職員さんに指示を求められることもありますし、業務にはチームの連携が欠かせません。みんなシフトもバラバラなので、ホウ・レン・ソウを強化して、お一人おひとり状態を把握するよう心がけています。

少し前に、ご利用者様の“ちょっと普段と違うこと”にすぐに気付き対処したことで大事に至らずに済んだ…ということが立て続けにありました。ご利用者様も日によってできること/できないことが変わったりするので、職員がやりすぎないように配慮する加減が難しいのですが、「普段から私たちがそばにいて接しているからこそ防げることもある。ご利用者がより長く自分で生活できることを支援するのことが、私たちの役目なんだな」と改めて実感しました。

組織を超えた“仲間”がいる

組織を超えた“仲間”がいる

休日もしっかり取れるし、プライベートは充実していますね。平日に休みが取れるのが嬉しくて、ショッピングに出かけたりしてリフレッシュしています。それに、福利厚生の一環で“スポーツ振興会”という部活動も盛んなんです。私はテニス部に所属して、月に2回練習に参加しています。

四天王寺福祉事業団は、施設という組織枠の他に「委員会」という横軸の連携組織もあります。私もその1つに参加していますが、おかげで他の施設の方と話す機会が多くなり、情報共有もさせてもらっています。イベントなど他施設を参考に、新しいことにもいろいろ取り組んでいます。

今までは自分が教えられる立場でした。それはそれで楽ではあるけど、教えられたことは次につないでいかないと…と思っています。だから今後は、後輩の育成にも力を入れたい。仕事を一緒にしながら、やりがいを持って働いてもらいたいですね。“見習われる先輩”になるのが、直近の目標です。