社会福祉法人 四天王寺福祉事業団
文字サイズ 大 中 小

[研修センター] 四天王寺社会福祉研修センター

活動状況

2019年9月21日

実務者研修、修了生へのエール

「ぶどうの家」施設長へのインタビュー

今回は、当研修センターにて、実務者研修において多くの受講生を派出いただいている「ぶどうの家」の阪本設長にお話しを伺いました。

 ぶどうの家は、羽曳野市のぶどうの産地、駒ヶ谷にある「診療所・薬局・デイサービス・グループホーム・ケアセンター・介護センター」を展開している施設です。

 玄関を入ると、アットホームの雰囲気の中、若いスタッフからベテランスタッフ、ご利用者と温かい挨拶をかけてくださいました。こうした中で、若いスタッフを中心に研修に参加くださり、向上されているのですね。

 阪本施設長に、当研修センターを選んでくださる理由を尋ねました。

 理由は、「研修についてわかりやすく説明くださり、安心できた」「講師陣もしっかりしており、良い学びができると感じた」点等を挙げてくださりました。

大学教員や専門スタッフ、現場でのベテラン介護員が担当していることが、受講生にとっても実りある研修となっているようで嬉しいです。

 また、当研修センターでの修了後、職員さんの様子等を伺うと、「すごく変化はあります。技術的にはすぐに大きく変わることはないですが、若い職員の自信になっているようで、前よりもイキイキと、笑顔がみえるようになりました。」とご意見をいただきました。

研修の中で、他受講生や講師との関わりから、「技術の裏付け」や自身がしていることへの「安心と自信」に繋がっているみたいです。

 今後も、地域との結びつきを大事にしながら、研修センタースタッフ・施設スタッフともに、一緒に育っていきたいというお話でした。

みなさま、ありがとうございました。

そしてこれからも、よろしくお願い致します!

ぶどうの家①.jpg

ぶどうの家②.jpg

ぶどうの家③.jpg

ぶどうの家④.jpg

2019年9月17日

実務者研修4月コース修了です!

実務者研修令和元年4月コースが修了いたしました。

ハッピー①.jpg

 9月に入ったといってもまだまだ暑い日々、8月から始まりましたスクーリングですが、今回は初日午後の演習から、大雨落雷による停電に見舞われました。一時は中止も頭に過りましたが、その後回復し、授業が再開できホッとしました。

電気もつき、気を取り直して、さあ仕切り直しです。

 

 まずは座学、介護過程の展開に苦戦しつつも、グループワークでいろんな人と意見交換しながら、まとめていく作業に一生懸命です。

グループでのワーク①.JPG

 

 

 

 

 

 

真剣.JPG

グループでのワーク②.JPG

 

 

 

 

 

 

 食事介助や杖、浴室を使っての演習                              

                                  杖.JPG 階段.JPG

 

 

 

 

食事介助.JPG

浴室.JPG   

 

 

 

 

 

 

 喀痰吸引や経管栄養等の医療的ケアでは、回数を重ねる毎に上達していく様子がうかがえました。

佐久本先生.JPG

吸引受講生.JPG

 

 このメンバーが、今回コースの面々です。

やり遂げた感、あります。

最後は、みんな揃って、「はい、ち~ず!」

お疲れ様でした。

全員で.JPG

花束③.jpg

2019年7月31日

羽曳野市生活援助サービス従事者研修

羽曳野市生活援助サービス従事者研修が修了いたしました。

まず、2日間の研修を振り返ってみましょう。

さあ、授業開始です。 授業風景③.JPG

 

 

 

 

 

 

グループワーク①.JPG

 

先生を巻き込みながら、受講生みんなで課題に取り組み、意見交換しています。

 

 

 

 

                                     グループワーク②.JPG

 

 コミュニケーションもばっちりです。

 

 

 

 

 先生の実際の現場でのお話や指導は、とても興味深いものです。

授業風景②.JPG 授業.JPG

 

 

 

 

 

  いよいよ修了です。 修了.JPG

いかがでしたか。少しでも様子が伝わったでしょうか。

この研修を受講され、福祉のこと、介護のことに興味をもっていただければ、そこから第一歩が踏み出せるのではないかと思っています。

これからの皆さんの活躍、大いに期待しております。

応援①.jpg

2019年7月6日

重度訪問介護従業者養成研修6月開講コースの近況報告

 6月22日(土)にスタートした重度訪問介護従業者養成研修が座学、演習を終え、実習に入りました。

最初は、どんな授業だろうと緊張しつつ授業を受けている様子が伺えます。

授業風景1日目.JPG

授業風景2日目.JPG

 

先生も教える姿に熱がこもります。

 

 

 

  

   授業風景演習.JPG

 受講生さんたちからも「勉強になった」「わかりやすかった」「体験できて良かった」などの声が聞こえてきました。

 

 

 学んだことを活かしながら、これから実際の現場での経験を積んでいってほしいと思います。

今後のますますのご活躍を期待しています。

達成感②.jpg

 

2019年4月10日

2019年度 新採用職員基礎研修が終了しました!

 みなさん、こんにちは。

日中の日差しも大分暖かくなり、桜も咲くようになりましたね。

 

  先日3/26・27・28日と、新人研修全体①.JPG

この春から四天王寺福祉

事業団に仲間入りすること

になった方々と一緒に基礎  

研修を行いました。

 

   常務理事から、当法人の大事にしている宣言や心得・福祉の精神等を学び、実践的な救命救急やチームビルディング、接遇研修や先輩からのディスカッション等、様々なカリキュラムを通して、この春からのスタートを再確認しました。   

 

新人研修山下先生②.JPG 山下先生ワーク.JPG

 

新人研修星野先生①.JPG

 

最後には「半年後の自分へ」と題して、これから働く自分への気持ちを書きとめ、9月に再びみんな(4月の自分)と会いましょう!と約束をしました。

新人研修全員①.JPG

2019年3月16日

実務者研修平成30年度10月コースが修了いたしました!!

卒業(筒)④.jpg 今回は少人数でしたけれど、和気あいあい、とても和やかな雰囲気に包まれての授業でした。

 

 

初日は、やはり緊張の面持ちで始まりますが、徐々に授業に溶け込んでいきます。

様々な考え、意見、思い、そのどれもを尊重しつつ、一つに纏め上げていく作業は、皆真剣です。

この場所が、学びの場なのだと感じる瞬間です。

グループワーク1810①.JPG

グループワーク1810②.JPG

グループワーク1810③.JPG

 

 

 

 

 

 

 演習授業でも、熱い瞳に包まれています。 

演習1810①.JPG 演習1810②.JPG 

 

 

 

 

 

 医療的ケアの授業でも、皆熱心に取り組んでいます。

医療的ケア1810①.JPG

今まで見たことがない人も、経験のない人も練習に余念はありません。

医療的ケア1810③.JPG

医療的ケア1810②.JPG 医療的ケア1810⑤.JPG                                        

 

すべての過程を終え、達成感でいっぱいです。

皆様、お疲れさまでした。

この研修が、今後に活かされますように・・ますますのご活躍、期待しております。

はい、ちーず!

修了式1810.JPG

 

2019年1月7日

実務者研修2019年4月コース募集開始

実務者研修 2019年4月コースの募集が始まりました。

  鉛筆.jpg

◆募集期間: 2019年1月7日(月)~3月16日(土)

◆研修期間: 2019年4月~9月

       通学日程 2019年8月~9月(内8日間)  

◆受 講 料:  32,400円~139,320円(税込)   頑張る①.jpg

       ※所有資格別

◆特典割引: 一般教育訓練給付制度

       (受講料より20%引き)  

        受講経験割引(5,000円引き)

       学生割引(20,000円引き)

       紹介特典(QUOカード1,500円分プレゼント)

       ※上記利用には要件があります

◆定  員: 20名(先着順)

◆通学会場: 四天王寺大学 介護実習室6号館

勉強会①.jpg この4月コースは修了月が9月ですので、2020年の介護福祉士国家試験の受験をお考えの方には絶妙なコースです。

ステップアップする機会を逃さず、是非このチャンスを掴んでください。

 

また、「実務者研修」はちょっと・・と思っておられる方々、経験がなくても受講できる研修でもありますので、トライしてみませんか。

  研修①.jpg

 

 皆様、どしどしのお申し込みをお待ちしています。

 

 

 

実務者研修2019年4月コース案内チラシはこちら

実務者研修2019年4月コース.pdf

    雪だるま達.jpg  

 

 

2019年1月1日

新年のご挨拶

 年頭に当たり、閲覧いただいております皆様に研修センター所長より新年のご挨拶を申し上げます。 挨拶(いのしし).jpg

 

 

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は様々な場面でのご支援、ご協力を賜りましてありがとうございました。

本年も変わらぬご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。

 

富士山.jpg振り返ってみますと、昨年は本当に災害の多い1年でした。

次から次へと襲ってくる事象に翻弄されながら過ぎ去った1年、という感があります。

夏の猛暑のさなかに事務室のエアコンが故障する事態が起こり、スタッフともども大変難儀したこともありました。

そんな中感じたのが、ふだんの気候のありがたさ、ですね。

もっとも、ふだんは暑ければ「暑い-!」、寒ければ「寒い-!」と文句を言って過ごしていたんですが、それがほんとに有難いことであったと実感しました。

また、周囲の人たちとのつながりの大切さ、にも改めて気づかされました。

エアコンが故障したとき、隣接する事業所からスポットクーラーをお借りすることができて、なんとか急場をしのぐことができたのも、ふだんからの関係性があってこそだなぁとつくづく感じました。

天台宗大阿闍梨であり、千日回峰行を二度満行された酒井雄哉師が、「一日一生」とおっしゃっておられます。明日のことも、昨日のことも、今日のことも、今日一日にある。今日一日を一生だと思って生きる。その繰り返しで、地球一週分を歩く千日回峰行を満行されました。そこからも、明日ではなく、昨日でもない、今日をどう生きるか、の大切さを学ぶことができます。

今年は平成最後の年となります。

一日一日を大切に、その積み重ねとしての一年にしたいと思います。

           

          四天王寺社会福祉研修センター 所長 氏家 幹夫

 

宝船.jpg

 

 

 

2018年12月17日

第2回 羽曳野市生活援助サービス従事者研修

羽曳野市生活援助サービス従事者研修が修了いたしました。

おまかせ.jpg

「介護予防・日常生活支援総合事業」それは、65歳以上のすべての人に、介護保険の認定を受けていなくても、自立した生活を続けていただけるよう、サービスの提供をする事業です。そして、その担い手である生活援助サービス従事者を養成するのが、この研修です。

 

 

赤穂先生①.JPG

最初に、生活援助サービス従事者研修という扉、けっして重くはありません。

今まで介護の仕事について、自分の中で壁を作っていた方、自分流で行っていた方、様々な理由でこの研修を受けようと一歩を踏み出してくださった方々です。

 

 研修1日目、多少の緊張に包まれながらも、自分が体験した事や感じている事など、自分の思いに向き合いながら、時間と共にどんどん緊張の糸が解れ、授業に引き込まれています。

赤穂先生②.JPG

 

グループワークにも力が入ります。

 

 

 

 

 

 

研修2日目、先生の話にもとても熱心に聞き入っておられます。実際の現場でのお話が聞ける貴重な時間です。

 

上田先生.JPG モップ掛け.jpg 松本先生.JPG

そして最後に、学習したことの証として修了証書を手にしました。喜びがあふれます。

修了式.JPG花束①.gif

 

研修センターとしても、明るく、興味深い学びの空間を少しでも共有することができて、とても楽しかったです。

さあ、次のステップに向けて新たなスタートを切ってくださいね。

2018年10月25日

重度訪問介護従業者養成研修10月コース

     " HAPPY  HALLOWEEN " ハロウィン3.jpg

爽やかな青空、

 かすかに吹く風、

  そして実りの秋。

カボチャに灯を燈し、 お菓子を用意して!!

悪霊を追い払うため、  

大きな声でさぁご一緒に 「ハッピーハロウィン!!」

  

 さて、今回は、重度訪問介護従業者養成研修10月コースの授業風景をお伝えします。

 これは「抱きかかえ方及び移乗の方法」

「車いすの移動介助」

「生活行為の介助」を学んでいるところです。 

 

重度①.JPG

 

重度②.JPG  重度③.JPG

            

                  

 

 

 

 

 

 

受講生さんには、

「実際にベッドや車いすを使った授業で利用者さんの立場や思いを少しでも理解できたかなと思えた。」 

「仕事をする上で、とても勉強になった。」

「授業がとてもわかりやすかった。」等のコメントをいただきました。

 

とても嬉しい限りです。 ハロウィン5.jpg

この後は、現場実習が待っていますが、体調に気をつけながら最後まで頑張って欲しいです!   「 trick or treat ! 」