社会福祉法人 四天王寺福祉事業団
文字サイズ 大 中 小

[高齢福祉施設] 四天王寺大畑山苑

活動状況

2014年5月25日

5月ごちそう倶楽部

5月23日、24日はごちそう倶楽部の日でした。

今回のテーマは『ご当地の菓子~奈良・兵庫~』です!

ご当地と言っても今はネットで簡単に買えます。

口コミで評価を見ながら選べばおいしい物にたどり着けます。

でも、おいしいことはもちろんそれ以上の何かを感じて頂きたい。

『おいしいよ』『おいしい物を食べてきたよ』だけではない何か。

それなら直接買いに行ってみよう!!

ということで、今回は奈良を代表する『柿珠玉(かきしゅぎょく)

という柿のお菓子を求め、出かけました。

ただ買うのではなく、道中をビデオで撮影しました。

さらに、無理を言い、『奈良吉野いしい本店』さんに協力して頂き、

お店での様子を撮影。そして、さらにさらに

ごちそう倶楽部の会員の方へのメッセージも頂きました!

最初は協力してもらえないかも…と思っていましたが、

何から何まで協力して頂き、とにかく気持ちの良いほど良い人で、

熱い想いを持った人でした。

これなら『おいしい以上の何か』をご利用者に感じて頂けると確信し、

大阪に帰ることにしました。

そして迎えた当日。

ご利用者に自分たちが感じたこと、喜んで頂きたいという

一途な想いが伝わるのか、自信と不安がありながら、

ついに編集した動画を見て頂くことになりました。

  DSC06036.JPG DSC06038.JPG

合間合間にご利用者の笑顔や『へぇ~』『お~』という相槌。

終われば拍手しておられる方や何度も頷かれている方の姿があり、

不安はなくなりました。

実際のものを見て頂くと、

 DSC06089.JPG

『すごい!こんな珍しいものがあるんやね』

DSC06048.JPG

『いや~これか~。すごいな~』

と、食べる前から大盛り上がりでした。

そして、いざ一口食べると、

『おいしい!こんなの吉野に行ったことあるけど食べたことない』

『おいしいからあんたらも食べなさい!』なんて言いながら、

1つ丸々食べてしまう方が殆どで、普段ご利用者の様子を見ている

スタッフとしても驚きでした。

 DSC06099.JPG

終わってからは、

『こんなこと生まれて初めて。本当にうれしい。』

『ここまでしてくれてありがとう。ごちそうさま。』

と言われて、

あぁ、おいしい以上の何かが今、目の前にあるなと思いました。

ご馳走ってこういうものなのかと感じました。

皆様にとってのご馳走とは何でしょうか?

おいしい物ですか?思い出のもの?高級なもの?

今、私たちは『ご馳走とは何か』ということについて考えています。

良ければ皆様にとってのご馳走とは何か是非教えて下さい。

お気軽にコメントして下さいね☆

 

今回協力して頂いた『奈良吉野いしい本店』の皆様、

本当にご協力ありがとうございました。

 DSC06105.JPG

2014年5月1日

姿勢を考えてみる。

ココナッツグループからお送りします。

皆様は普段から自分の「姿勢」を意識した事がありますか?一言に「姿勢」といっても寝ている時や座っている時、立っている時等々、いろんな姿があります。

近頃では腰痛や肩こりも姿勢を正す事で改善できる!なんてテレビでも言われていたりします。

介護の場面でも、寝る姿勢の「ポジショニング」や座る姿勢の「シーティング」と呼ばれたりします。これがきちんと出来ていないとよく聞く「床ずれ(褥瘡)」の原因になる事もあります。

例として座位の姿勢が保てない方の場合で言うと、食事や飲み物が飲み込みにくい、単純におしりが痛い、または座っているのにすぐ疲れるといった事になります。皆様はイスに当然座られるかと思いますが、座ったままでも無意識にお尻をずらしたり、背筋を伸ばしたりしていますよね?

映画館なんかに行くとわかるかと思います。1時間~2時間程度ですが、座りっぱなしです。ずっと同じ姿勢で動かずに座る事は出来ないはず。むしろ肩がこってしまったり、車の運転を長時間行う時も同じ様な感覚ですよね。

もちろん車椅子に乗っていてもそうです。ただ人間は高齢になると、背筋や腰が曲がったり、筋力が低下したりと体格や人によって異なりますが、その人毎にあった姿勢を見つける必要があります。クッションやタオルや背もたれなんかを使用し、一つ一つ考えながら。

これはその内の一コマです。

  DSC05906.JPG

車椅子に座られていますが、背中と背もたれに空間が出来ており、そこにクッションを使用して、その空間を無くしました。

「これどうですか?」の問いに、ご本人から「楽。」と返答がありました。

少しの事ですが、大切な事ですよね。楽になるんですから。

ほんの少しの当然の事かもしれませんが、これも積み重ねる事で快適な生活に繋がると思います。

あたり前の事があたり前に出来るようになる。これって介護の場面では大きな目標です。

もちろん当たり前となると、「座る」でイメージするのはイスですよね。車椅子は移動の時だけしか使わないよ!ってな事はよく考えれば自然な事です。

でも、それに至るには職員の様々な工夫や知識を向上させる事が必要です。

少しでもご利用者の皆様が快適な生活を送れるように、日々考え、学びながら一歩づつでも進んで行きたいと思います!!

以上、ココナッツグループでした(#^.^#)

次回は6月1日頃にふるふるよりブログ更新予定です。お楽しみに((+_+))

2014年4月26日

急変時の基本対応と窒息時の対応

今回は看護師からお伝えします!

4月23日に「急変時の基本対応と窒息時の対応」というテーマで苑内研修を行いました。

私たちの仕事の中で、体調の異常にいかに早く気づくこと、仮に自分が第一発見者となった場合、パニックにならずいかに冷静に行動できるかが大切です。

そのためには、座学だけでなく、実技を交えた研修がとても大切であり、今回は2部構成、総勢19名の職員が参加しました。

心肺蘇生の方法や、喉詰めをした際の対応など、実際にモデルの人形を使用し行ったのですが、頭でわかっていても、いざ自分の動きの中でそれができるのかはまた別物です。参加した職員も実際に体を使った場合に思うように体が動かない、焦ってしまうといった声を聞くことができました。

こういった機会の積み重ねが利用者様の安心、職員の自信につながると思っております。

苑内研修写真.jpg

私は、看護師を20年やってきて、急変の場面に何度も遭遇していますが、その時、どういう気持ちだったかを、皆さん(職員)に伝えることで、自分が学んだことを共有できればと考えています。

また、日頃からのトレーニングの重要性を改めて感じたので、今後も実技を交えた研修を開催したいと考えています。

ご拝読、ありがとうございました。

2014年4月25日

新しい年度がスタートしました!(さんあいグループ♪)

みなさんこんにちは^^さんあいグループです!!

このブログでも私達の取り組みや、ご利用者への想いなどをご紹介させて頂いてきましたが、4月からは新スタッフも加わり、新たにパワーアップして頑張っていきたいと思っています^^

何がパワーアップかって?(ー_ー)!!

そ、それは、え~と、、、やる気です!!ヽ(^。^)ノ

真面目な話ですけど、私たちの提供するサービスというのは常に変化が求められていると感じるのです。でもどんな変化を求められているのかということは、なかなか答えが見つからないんですよね。^_^;

だから常に私達はアンテナを張って利用者の皆様が「何を望んでいるのだろう」「何がしたいんだろう」ということを気づく感性が大事なんだと感じるのです。今年度も前年度から引き続き、いろんなことにチャレンジします!成功もあれば、失敗するときだってあると思います。でも私たちは「理想の施設」を追い求めて、ご利用者やそのご家族からも協力を頂きつつ、頑張っていきたいと思っています!(^O^)またご相談させて頂くこともあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

なんか話がでっかくなっちゃいましたが、気持ちは「小さなことからコツコツと」という想いでやっていきます!

取り組みについてはこのブログでまた報告させていただきますね^^

あっ、失敗したことについては・・・大目に見ていただけるとありがたいです  \(゜ロ\) (/ロ゜)/

今後ともよろしくお願いいたします!!(*^。^*)

 

次回は5月中ごろより「ココナッツグループ」よりお届けします!!

2014年4月17日

❀平成26年度 大畑山苑 花まつり❀

こんにちは+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

 

先日、お知らせでもあげていたように、大畑山苑にて「花まつりが実施されました(^^)/

 

お花見を楽しみながら、「話に花を咲かせる」テーマを元に、

 

たくさんの笑顔あふれる花まつりとなりました(^^♪

 

お昼には、お花見弁当をご用意させていただきました(*^^*)

 

「おいしいなぁ~」「きれいやなぁ~」などを話されながら、

皆様、たくさん召し上がって頂けました(^^)

 

1396860087474.jpg

 

DSC05846.JPG

 

お食事が終わると同時に、二胡のボランティアの方の演奏会が始まりました(^^♪

懐かしい曲が多く、ご利用者も真剣に聞いておられました。

最後には「アンコール!!!」の声も上がり、もう一曲!!

二胡の演奏会は大盛況でした☆

DSC05864.JPG

 

和風庭園では、桜の木と一緒に写真撮影会!

IMG_3443.JPG

身体の温まる、おしるこやコーヒーを飲んで、

桜を眺めながら、話に花はぞんぶんに咲いたのではないでしょうか?

 

残念ながら、少し気温も低かったですが、

皆様、「桜を見に行きたいわぁ~」、「一緒に写真撮りたいわぁ~」等、

寒さに負けず、楽しんで頂けたのではないかと思います(*´▽`)

 

来苑された家族様からも、「何年ぶりかに一緒に写真を撮ってもらえて嬉しかった」、

「介護員とゆっくり話ができてよかった」とのお声を頂戴することができました。

ご利用者の若い頃の話を楽しく聞かせて頂いたり、

大畑山苑へのご要望を伺い、身の引き締まる気持ちがしたりと

私たちにとっても充実した時間となりました。

 

今年度はじめの行事も終わりましたが、

今後もご利用者に喜んで頂けるような行事を計画していきたいと思います。

 

次回は5月1日頃、「さんあいグループ」の予定です。

お楽しみに!!

 

2014年4月16日

春は出会いと別れの季節です。。。

 社会人の一年は4月からスタートします。

 私たちの施設もそれは一緒なのです。

永く勤めているといつかは転勤・・・なんてこともあります。(><)

いつも一緒に過ごしてきたご利用者や

同僚スタッフとの別れはほんとに寂しい限りです。

でも、別れがあれば出会いもあるんです(^o^)♪

 

大畑山苑でも4月から転勤や担当部署の異動、

新人スタッフの加入などの別れや出会いがあるのです。

でも私たちの提供するサービスはスタッフが変わっても

「ご利用者から常に安心して頂けるサービス」

を提供しなければなりません。

そうでなければご利用者やご家族へご迷惑をおかけすることになります。

そうならない為にも事前の準備が大切なのです。

 

私たちは日々、そんな事を考えながら仕事をしているのです。

(ちょっと大げさかも(;一_一)

 

このブログが更新される頃には、皆さんの中にも

同じような気持ちで職場に出社される方も居るのでしょうね(^o^)

なんかワクワクするけど、ちょっと不安・・・な気持ち。

 

私たちも新しく加わるスタッフへは、一日でも早く!

大畑山苑に馴染んで頂いて、ご利用者の為に楽しい企画や催しを

提供し、またこのブログでご報告できればと思っています!!

 

これからも大畑山苑ならびにふるふるグループを

宜しくお願い致します\(^o^)/

2014年3月15日

まじめな話!で良い話!!

回は、ココナッツグループからお送りします。

年前よりココナッツグループの取り組みとしてオムツの排泄ではなく出来るだけトイレで排泄をして頂きたいと思いトイレでの排泄に力を入れてきました。施設に入所すると、オムツを使用することに利用者も職員も慣れてしまいがちです。誰もが、在宅で生活していた頃はトイレに座って排泄するのが当たり前で、よほどの事情がない限り日常生活でオムツを使い続ける生活は考えも及ばなかったはずです。現在の施設生活では、職員の都合で、オムツ交換・トイレ誘導することで、尿意・便意以外に、あまりにも多くのものが奪われ、個々の自分らしさも薄れてしまっているのです。まず職員が、利用者への誠実な愛情を持って、本気で個々の人生と関わることで、オムツのない生活を作り出し、自立排泄とその先にある、なんでもやりたいことが自分で出来る生活を作り出していくことを目的として取り組みを行いました。トイレに行く取り組みを行っていく中で、家庭での個性豊かな生活を思い出し、今以上に自分らしい生活を送っていただくことを望んでいます。その為にも、個々に合わせた排泄スタイルを見つけ出し、自立した生活の基盤を作り出していくサポートを行い続け、好きなパンツを自分で選んではいていただける、当たり前の日常生活を作り出していきます。この取り組みを整理し、個別ケアに重要なオムツの必要ない当たり前な日常生活について認識を深めていきます。

今回1人のご利用者のお話をさせて頂きます。こちらに来られたのは2年前当初は、在宅でもオムツ交換をしておりこちらでもオムツ交換を行っていました。生活の中スタッフとの会話の中で「トイレに行ってみませんか」と尋ねると「是非行ってみたい」とお話がありました。これをきっかけに、本人も交えて今後の生活について話し合い、目的「自分らしく日常生活を送ります」、目標「(1)トイレで排泄し、トイレでの排泄感覚を取り戻します。(2)尿漏れの量を減らします。」を掲げました。

まずは、排泄感覚が薄れていることから、排泄時間把握を行い、オムツから布パンツ・尿取りパッドの使用へ移行し、トイレでの排泄を職員2人対応で行いましたが脚に力が入らず全介助にて行いました。トイレを初めて排泄がうまく行かず本人様も職員も悩んでいましたが座り続けることにより少しづつトイレで排泄が出来るようになり本人様の自信にも繋がってきました。今では、本人より「トイレに行きたい」とハッキリとした意思表示が多くなりました。排泄感覚が完全に戻ったのではありませんが、トイレで排泄をするという行動を取り戻し、自分の好きなパンツをはける日常生活が復活しました。

このような取り組みをさせて頂きました。まだまだこれからです。

スタッフが一丸となり『当たり前のことが当たり前に出来るように』支援して行きたいと考えています。

次回は4月1日(火)ふるふるよりブログ更新予定です。

是非お楽しみにして下さい。(^^)

2014年2月21日

登場人物

今回はさんあいグループからお届けします。

これまで、様々な取り組みをお伝えしていましたが、

今回は介護職員として思うことを書きたいと思います。

老人ホームは病院ではありませんが、その人にとって最後の場所・時間

になるかもしれません。

そして、介護職員は最後に出会った人なのかもしれません。

人生の最初の登場人物は大切ですよね。

途中にも何人かのとても大切な登場人物に出会います。

最後にも大切な登場人物に出会うはずです。

そして、最後の最後にはその大切な人たちが再び登場します。

介護職員も登場人物の一人です。

介護職員は家族でもなければ恋人でもありません。

介護職員も大切な登場人物になる為に頑張っているわけではありません。

『もっと楽しく、気持ち良く生活して頂く為にはどうすれば』

『自分だったらどうか』

ということを日々考えています。

介護職員は楽しく過ごして頂く為のほんの少しのきっかけでしかないのです。

それでも、最後の最後の最後のそのまた最後であっても、

『あぁ、あの人たちと、あの場所で過ごした時間も良かったな』

と思って頂ければ。

大切な登場人物として、再び登場できるなら。

それほど嬉しいことはありません。

今はまだまだかもしれません。

でも、そう思ってもらえるように、まだまだ考えていきたいと思います。

 次回、3月15日頃ココナッツグループよりお届けします!

2014年2月15日

☆゚+.冬のお食事゚+.☆

こんにちは(^^♪

今回は、大畑山苑の冬のお食事をご紹介します(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

冬といえば、皆さんがよく食べられているものはなんでしょうか??

大畑山苑のご利用者に昔よく食べていたものを聞いたところ・・・

ぶり大根、おでん、茶わん蒸し・・・など

しかし!圧倒的に多かった答えは、!でした+.(o´∪`o)゚+.゚

やっぱりいつの時代も家庭的な温かい雰囲気になるのは、今も変わらないのでしょうね(^^♪

そこで、大畑山苑の冬場に行う鍋サービスをご紹介します!

毎年、11月ごろから3月まで、月に1回お鍋をご用意しています。

11月は石狩鍋

12月は蟹入り寄せ鍋

1月はすきやき

・・・と。

蟹を食べたいという意見や昔はすき焼きをよくしたなぁなどの意見を頂き、

毎月の鍋を考えています!

CIMG7698.JPGのサムネール画像CIMG7790.JPGのサムネール画像

ご利用者に鍋に具材を入れる事を手伝って頂き、

各テーブルに鍋を用意して目の前でグツグツとしっかり火をとおして完成★☆

皆様「あったまるわぁ~」「おいしいわぁ~」などのおっしゃりながら、

いつも以上にたくさん召し上がって頂きました(*^^*)

CIMG7682.JPGのサムネール画像CIMG7798.JPGのサムネール画像

まだ、2月、3月とお鍋の日がありますが、人気のお鍋があれば是非教えてください(^^)/♡

 

次回は3月1日にさんあいグループからアップします!

2014年1月27日

とても深イイ話(ふるふるグループより)

ブログを見て頂いているみなさんは、もうご存じだと思うのですが、大畑山苑は特別養護老人ホームです。いろんな高齢者の方々がここでは生活をされて居るんですが、認知症の方も生活をされています。

ある日、私たちのグループのおばあさんへ、娘さんとお孫さんが面会に来られたんです。そのおばあさんは認知症で、いつも独り言をつぶやくおばあさんでしたが、独り言の中に「ひろくん、ひろくん」と誰かの名前を呼ぶ事があったのです。スタッフはみんな「ひろくんって誰やろ?」と不思議に思っていたのですが、面会に来られたお孫さんがまさに「ひろくん」だったのです。ひろくんは現在、北海道で生活されているそうで、なかなか面会にも来れないそうですが、子供の頃はすごくおばあちゃんから可愛がられたそうです。

娘さんが「おばあちゃんこの子(ひろくん)のこと忘れてしもて、もう分からんやろうね・・・」とおっしゃったのですが、

思わず「絶対分かってますよ。いつもひろくん、ひろくんって言ってますよ」と言うと、おばあさんがいつもより、少し大きな声で「あんたはええ子や、ええ子やろ」とお孫さんの手をしっかりと握り、離しませんでした。

認知症だから、”すべて分からなくなってしまう”と思われがちですが、決してそんなことはないんです。本当に自分が大切にしていた事や、大好きな人はいつまでも心に残っているのだと、改めて気付かされた瞬間でした。

北海道は遠いですが、いつかまた会いに来て頂ける事をお待ちしております^^

ふるふるグループで最近あった「とても深イイ話」でした!

ちなみにお孫さんが帰るまで、ずっと手を握りっぱなしだったのですよ^^

次回は2月15日(土)事務所よりブログ更新予定です。

是非お楽しみにして下さい。(^^)

カレンダー
カテゴリー
バックナンバー
最近のコメント