社会福祉法人 四天王寺福祉事業団
文字サイズ 大 中 小

[障害福祉施設] 四天王寺悲田院児童発達支援センター

放課後等デイサービス

育む
ふれあい、微笑みあい、助け合い、育つものを

サービス概要 将来、子どもたちが持っている力を発揮しながら社会生活を営んでいけることを目指し、人とかかわる力や考える力・社会に適応する力の育成に向けて取り組みます。個々には、発達状況に合わせた個別支援計画、個別指導計画を作成し目標達成を目指します。
集団指導では、グループで行う創作活動・クッキング・買い物・ゲーム・スポーツ等の活動を通して、役割分担や人との関わり、認知理解力、学習力・社会への適応力を育てます。
利用条件 ・羽曳野市・藤井寺市・松原市にお住まいの小学生。
・通所受給者証が必要です。
利用定員 定員10名
サービス体制
(職員の職種)
管理者・児童発達支援管理責任者・保育士・児童指導員


一日の過ごし方

四天王寺悲田院児童発達支援センター放課後等デイサービスで集団療育を利用されているC君のある一日の様子をご紹介致します。

14:30

来所

児童発達支援が運行しているバスにご乗車頂くことができます。
時間はこちらで指定しますが、お家や学校に近い場所をご利用ください。
また自力でお越し頂くことも可能です。

来所

持ち物整理

お部屋で持ち物の整理、整頓及び、出席確認を行います。

連絡帳を使い、保護者との簡単な連絡事項の確認や出席スタンプを押して日・曜日の意識付けを行います。

持ち物整理

フリータイム

子供が自分達でやりたい事を決めて、誘い合って、好きな遊びやゲームなど様々な事を個人、小グループで楽しみます。その中で様々な経験を積み重ねます。

遊びの例:キャッチボール、サッカー、逃走中、クイズなど
場所の例:園庭、ホール、部屋など

宿題を持ってくる子もいます。

16:30

集団活動

発達障害を持った子ども達が、コミュニケーションの取り方をゲーム、創作、音楽、散策、などの活動を通して学んでいけるよう取り組んでいます。
同年齢の子ども同士が、相手も自分も尊重しながら人と関わる経験を積み重ね、状況理解、他者・自己理解、感情のコントロールなどを学びます。

スタッフより一言

ソーシャルスキルトレーニングを中心に集団で取り組めるプログラムを組み立てています。楽しみながらソーシャルスキルを身につけられるよう心がけています。

あそび

17:00

一日の振り返り

「うれしかったこと・かなしかったこと」など1日の活動を振り返って友達に発表します。

今日一日何があったか振り返り「自分の心」と向き合い気持ちを整理します。

一日の振り返り

17:30

降所

帰りは、藤井寺駅、古市駅、松原駅まで送迎を行います。

降所