社会福祉法人 四天王寺福祉事業団
文字サイズ 大 中 小

[高齢福祉施設] 四天王寺たまつくり苑

活動状況

訪問介護 - 2010年2月

2010年2月27日

春はもうすぐ?

ここ数日のあまりの温さに、3日前まで着ていた上着はロッカーの中です。

あさってはもう3月。春はもうすぐなのですね。

 先日、特養のおやつレクにて、ご利用者とチョコレートケーキを作りました。

「私は見ているだけで」といわれる方が多く、どうなることやらと思っていましたが、

いざ始まると、動かずにいられずに手伝ってくださいました。

 以前NHKにて、その方の持っている能力を活かそうという内容で、

半身麻痺の方が料理を教えておられる姿を拝見したのを覚えています。

ケーキ作りを終えた後、普段からご利用者のできることに気づき、それを引き出せているのかなと

思うと、まだまだ腕を磨かねばと気を引き締める今日この頃でした。

 そうそう、近鉄今里駅ちかくのたい焼屋さん。結構おいしいらしいですよ☆

 

 

2010年2月26日

オリンピック

バンクーバーオリンピックも、あっという間に終わりですね。

利用者の方もオリンピックの話題で盛り上がっておられます。

普段、訪問中はテレビを消されている方も、

テレビ観戦されていました。特にフィギアスケートは熱心に

見られていました。

ヘルパーも時々テレビに気を取られそうになることも

ありましたが、グッとこらえて訪問に集中する今週でした。

2010年2月19日

「如月」の由来

きさらぎについて少しお話させてもらいます。(^。^)b

暦の上では、「春」が始まる月ですが、まだ寒さが残る日々が続いています。

旧暦2月を「如月」というのは、着物をさらにたくさん重ねる

「衣更着(きさらぎ)」に由来するとされています。

 

しかし、旧暦2月は、新暦の3月頃にあたり、

より春らしい季節ですが、日ごとに陽気が暖かくなることから

「気更来(きさらぎ)」ともいわれます。

その他2月には、「雪消月」「梅見月」「木芽月」などの異名もありますが、

いずれも春の訪れを伝える語感がありますよね~(・-・):

春の訪れを感じながら過ごすと、楽しいですよ。

訪問先のお宅でも、春の花が飾られていたり、

スーパーの店頭には、もう菜の花が売られていますよ。(*^^*)

少しづつ暖かくなってはいますが、まだ風は冷たく、インフルエンザも

出ていますので、外出時は人ごみ等に注意しましょう(・>・)/

風邪予防か?花粉症か?大きなマスクをしている人もよく見かけます。

各言う私も、マスク通勤・マスク訪問中です。(><)

 

2010年2月12日

若さの秘訣

今週はうっとうしい天気が多かったですね。

気温の差も激しかったですが、

自転車で訪問していると、風の冷たさが

身にしみます。

今週の訪問時の出来事からひとつ。

利用者のお宅でテレビがついていました。

「なかむらしゅんすけ」さんがゲストで出ている番組でした。

それを見た利用者が一言、

「この人サッカーの選手じゃなかった?それにしてはきれいな

顔をしてるね」

テレビに出ていたのは俳優の「なかむらしゅんすけ」さんでした。

同姓同名の俳優であることを伝えると、

「そうなの。」と納得されていました。

(サッカーのなかむら選手には失礼ですが・・・)

それよりサッカーのなかむら選手の名前を知っていることに

感心してしまいました。

その方の年齢はもう90歳間近という方ですが、

見た目にも若く、若さの秘訣は何にでも興味を

持たれることかな、と思いました。

その方いわく、若さの秘訣は

若い人と付き合って、パワーをもらうこと、

と言われていました。

 

2010年2月5日

趣味はありますか?

節分が終わり、昨日は立春でしたね。

暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きます。

体調は崩されていませんか?

利用者の方の中には、趣味で短歌や俳句をされている方が

おられます。

なかなか外出もできず、部屋の中にばかりいるので、

いい歌が浮かばないと言われていますが、

辞書を手元に置き、いろいろ考え頭を使うので

「ぼけなくていい」と話されていました。

外に出た際には、歌の題材を探しながら景色を見ていると

とても新鮮でいい、とも言われていました。

いつまでも趣味を持つことは身体的にも精神的にも

いいことなんだな、と感じる今週の訪問でした。