社会福祉法人 四天王寺福祉事業団
文字サイズ 大 中 小

[高齢福祉施設] 枚方市立総合福祉会館デイサービスセンター

活動状況

その他

2014年11月10日

避難訓練

11月10日(月)にラポールひらかた会館全体で

会館管理者である「枚方市社会福祉協議会」と合同で

火災の避難訓練を行いました。

今回は、デイサービスの厨房を出火元とし、

ご利用者も全員避難する訓練を行いました。

厨房で火災発生!

厨房の方と消火器をした後、消火栓を伸ばして放水を!!

(今回はマネだけです・・・)

  IMG_2886.JPG  

そして、火災が消せないと判断し「全員避難指示」

出されると、けたたましい音と、

「火災が発生しました。」の電光掲示板が・・・

IMG_28922.jpg

会館の社協のスタッフにもご協力をいただき、

ご利用者を安全に、正面玄関まで避難誘導をしました。

IMG_2891.JPG

 IMG_2890.JPG

円形広場で、自衛消防隊長より総評をいただきました。

IMG_2896.JPG

今日は、スムーズに避難できました。

今回の訓練を活かして

万一の際には、慌てず落ち着いて避難できるように

職員一同、意識と知識を持って対応したいと思います。

 

2014年10月17日

10月絵手紙

台風が過ぎて、朝夕ますます涼しくなってきました。

いよいよ秋も深まってきますね。

枚方市内では、コスモスが満開で秋風に揺れています・・・・・

 

今回の絵手紙は、秋の素材・・・

コスモス・柿・落ち葉・ハロウィンかぼちゃを用意しました。

  20141017_125636.jpg

絵手紙は、青墨という墨をつかって、輪郭を描き

顔彩という絵具で色づけをします。

 

形にとらわれず!秋の素材と向き合うことをメインに

色鉛筆で描くのもOKとして

皆様、自由に思い思いに描いていただいています。

20141017_132518.jpg

できた作品は、本来身近な方にお渡しするのが絵手紙ですが

少しの間、デイの入り口等で飾らせていただいています。

 

その後は、お孫さんなどにお渡しされているようです。

2014-10-17 15.24.34.png

2014年10月9日

ジャックからの挑戦状!(Hallowe'en)

10月31日のハロウィンは日本でもテーマパークなどで

季節を感じられる行事として定着してきました!

そこで、ラポールでも少し、ハロウィンの雰囲気を感じて

いただこうと廊下の一部にハロウィンのコーナーを

つくりました!

IMG_1943.JPG 

「ジャックからの挑戦状! という企画をスタート!

 IMG_1942.JPG

この直径23センチのアメリカ産のかぼちゃの重さを

投票していただきます!

最も近かった方には、後日ちょっとしたプレゼントがあります!

期間は、18日(土)まで!!

IMG_1947.JPG

さっそく一番乗り!!

ハロウィンの日には、このかぼちゃは

ジャックオランタンとして再登場させます!

お楽しみに・・・・

2014年8月23日

ケース検討会議

夕方5時半。

ご利用者が帰られてからケース検討会議が行われました。

今回は、身長の高い男性の方。

最近少し、車イスでも姿勢が不安定で、

立位をとっていただく際に

2人介助で行っているご利用者についてです。

 

まずは生活歴や、身体状況、現在の介護の状況を情報共有

した後、実際の介助方法について確認、検討を行いました。

 

浴室での移乗や更衣の方法について、職員がモデルとなり実技

 IMG_2467.JPG

トイレでの介助の実技

介助者によって、方法は若干異なりますが、

それぞれのポイントを確認しながら

他の職員が行う介助を見ながら「なるほど!納得!」の声も。

IMG_1833.JPG

これからも、お一人お一人の介助について

より専門的に検討していきたいと思います。

2014年8月22日

ベビーカステラ

今年度より発足した給食委員会の企画です!

 

焼き立てベビーカステラ!のおやつを提供しました。

高井施設長が充填機で、手慣れた手つき・・・・

 IMG_2445.JPG

ご利用者も集まってきました。

興味深々!!

 

IMG_2448.JPG

ハチミツの香りが食堂に充満!!

できたぁ~!

ふわふわのカステラ!

IMG_2452.JPG

やっぱり焼き立ては違いますね!!

完食!!

 

2014年6月28日

ケース検討会議

これまでご利用者についての支援や介護の方法については

様々な会議やその都度介護の場面で検討をしてきました。

今年度は「さらに時間をとってじっくり検討したい!」という

スタッフの声から、ケース検討会議を業務終了後に実施

することになりました。

IMG_1695.JPG

今回は、頚椎の損傷後に通所されているご利用者様について

私たちが行うべき介護について検討をしました。

 

当初は、完全に寝たきりの状態でしたが

在宅のリハビリ等も導入され、少しずつ元気になられています。

現状、横抱きでベッドからリクライニングの車イスへ介助し、

横になった姿勢のままで過ごされていますが、

「できる限り座 ることができないか?」という視点で

在宅の療法士さん、当事業所の療法士さんに確認をとりつつ

少しずつ、座位の姿勢が安定できるように進めることとなりました。

 IMG_1727.JPG

座ることで、目線が変わり、

心肺機能もよくなっていきます。

両手ともわずかしか、動かすことができませんが、

自身で食事を食べたい!という想いを

いつか実現できれば・・・と思います。

2014年6月21日

介護技術研修

6月19日にご利用者が帰られてからのデイルームで

「介護技術研修」を行いました。

今回は、新人から4年未満の勤続の介護職員を対象にしました。

 

「食事介助の基本」として

食べ物を口に取り込み、咀嚼して

飲み込みまで、どのようにしているのか?を

実際にクッキーをたべ がら学びました。

 

その後は、ベッドからの起き上がりと、車イス等への

移る際の介助の実技を行ないました。

IMG_1675.JPG

同法人のグループである

養護老人ホーム松風荘の前田支援長に実技の講師を

していただきました。

IMG_1682.JPG

寝返りの為には、体をコンパクトに・・・

膝を曲げていただくことから始めます。

IMG_1689.JPG

ふらつかないように、足を広げて、腰を下ろして・・・

ボディメカニクスという体の使い方を再認識しました。

7月は、勤続4年以上のスタッフに同じ内容の研修を

指導のポイントも含めて研修を実施予定です。

 

 

2014年6月13日

新しい運動メニューの開発中

今年度より発足している「生活リハビリ委員会」

デイサービスのご利用で元気に活き活き過ごしていただけるように

運動メニューを療法士と開発しています。

 

今回は、ご高齢の方や障がいを持たれた方の一番の心配である

「転倒予防」の為のプログラムを作成中です。

 リハ.png

バランスを保つことやすり足の改善など、短時間で数名で

できるプログラムを作成中で、

今回は少し「お試し」で取り組んでいただきました。

 

 

 

2014年5月28日

緊急時対応の研修

毎月1回 業務が終了してから「施設内研修」を行っています。

今回は、「緊急時の対応」についてを確認しました。

IMG_2037.JPG 

そして、万一心肺停止の状態になれば・・・を想定して

心肺蘇生の方法。AEDの操作方法。アンビュー (人工呼吸)などを

人形を使って実技を行いました。

IMG_2040.JPG

IMG_2043.JPG

ご利用者様には、日ごろより体調をよく観察をさせて

いただきます。

万一の場合に備えて、スタッフが慌てずに動けること。

想いだけでなく、その技術も身につけておくことが

大切だと再認識しました。

2014年5月20日

勉強会~高齢者・障がい者の身体特性について~

当デイサービスは、皆様に安心して過ごしていただけるよう

職員はより専門的な知識と技術を高めることを

今年の目標にしています。

毎月、施設内で勉強会を開催していきます。

 

第1回目は「高齢者・障がい者の身体特性」として

・障がい区分 ・脳性まひ・アテトーゼタイプの特徴・拘縮など

内容をパワーポイントを使って学習をしました。

IMG_1996.JPG

その中で「介護の際には声かけを!」の身体的な意味は

外見上ほとんど変化がありませんが

ご利用者に「しっかり構えの筋肉の緊張」をしていただくことが

重要であると学びました。

 

ご高齢の方や障がいを持たれた方については、

この筋肉の緊張がゆっくりであるため、声かけをしてすぐに

介護するのではなく、

少し待ってから行うことがよい・・・・などを学びました。

 

少しでもよりよい介護ができるように努力していきたいと

思います。