文字サイズ 大 中 小

HOME > お知らせ > 高齢福祉施設

高齢福祉施設

四天王寺大畑山苑

2016年4月1日


「四天王寺大畑山苑」からお知らせ

平成28年4月1日、「特別養護老人ホーム大阪市立大畑山苑」から「特別養護老人ホーム四天王寺大畑山苑」に名称変更いたしました。これからも「安心、安全」と「よろこび」を提供できるように一層の努力いたします。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。


枚方市立総合福祉会館デイサービスセンター

2016年3月4日


ラポール通信H28年1月号

ご無沙汰しています。

1月はいぬ。2月はさる・・・と言われるように

あっという間に月日は流れますね。。。

ようやく3月になり暖かくなっていきそうです。

インフルエンザも今年は流行が遅れて

2月末から現在、警報状態です。

皆様、しっかり予防をして春を迎えましょう!

 

さて、遅くなりましたがラポール通信です。

1月に行いました林家小染様の新春落語会など

読みどころ満載!

ぜひ、こちらをクリックして下さい。

↓↓↓

 ラポール 通信H28.1.pdf

 

 


四天王寺松風荘

2016年1月17日


2016年最初の「松ぼっくり」が完成しました。

季刊誌『松ぼっくり』新春号 .pdf

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

松風荘では「松ぼっくり」新春号が発行となりました。

忘年会、お正月、日々のクラブ活動など

松風荘の様々な取り組みを載せています。

是非ご覧ください。


枚方市立総合福祉会館デイサービスセンター

2015年10月28日


ラポール通信H27秋号

大変ご無沙汰しています

ホームページのサーバーが不安定でしたが

ぼちぼち復活しつつありますので、また少しずつアップさせて

いただきます。

 

ラポール通信の秋号が完成しました!

今回は、9月の敬老の日にちなんだ催しの報告と

レクリエーションの紹介やハロウィンの企画などを

持ち込んでいます!

 

ぜひごらんください!

↓↓↓↓↓(ここをクリックして下さい)

 ラポール通信H27秋.pdf


四天王寺悲田院特別養護老人ホーム

2015年8月1日


就労訓練事業(いわゆる中間的就労)を開始します

開始時期:平成27年8月1日

就労訓練事業所:四天王寺悲田院養護老人ホーム

四天王寺悲田院特別養護老人ホーム

        四天王寺悲田院デイセンター

        四天王寺悲田院保育園

        

就労訓練事業とは

一般就労と、いわゆる福祉的就労との間に位置する就労の形態として位置づけられており、

すぐに一般就労ができない人に対し、本人の状況に応じて就労の場を提供しながら、最終的には、自立的に就労することができるようになることを目標としています。

 

就労訓練事業の対象者

例えば次のような状態にある人が想定されます。

ⅰ)直近の就労経験が乏しい人

・いわゆるひきこもりの状態にある人、もしくはあった人、またはニートの人

・長期間失業状態が続いている人

・未就職の高校中退者 など

 

ⅱ)身体障がい者等であって、障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業等の障がい福祉サービスを受けていない人、身体障がい者等とは認められないが、近似して一定程度の障がいを持つと認められる人、障がいを有する疑いのある人

 

具体的な支援方法

就労支援担当者を1名以上配置し、対象者の就労状況を適切に把握、作業内容について助言を行うほか、自立相談支援機関とも連携のうえ、対象者が一般就労ができるようにするための相談援助や、その他の支援を行います。

就労支援担当者の業務

ⅰ)就労支援プログラムの作成

ⅱ)対象者の就労状況の把握、助言指導

ⅲ)対象者に対する一般就労に向けた相談援助

ⅳ)生活支援、健康管理

ⅴ)自立相談支援機関やその他関係機関との連絡

ⅵ)その他対象者の一般就労に向けた支援に関する業務

 

就労形態について

雇用型:雇用契約を締結したうえで、支援付きの就労を行う段階

非雇用型:雇用契約を締結せず(無償もしくは最低賃金以下)、訓練として就労を体験する段階

上記2つが想定されており、これらの方法により生活困難者に就労の機会を提供しています。

この就労訓練事業は2015年4月施行の生活困窮者自立支援法に定められた事業の一つです。

四天王寺悲田院では地域支援係が総合相談窓口として、就労支援担当者(窓口)となり、悲田院内のコーディネートをさせていただいております。

興味のある方はまず、お気軽にご相談をください。

 

お問い合わせ先

四天王寺悲田院 地域支援係 大野・赤穂

TEL 072-957-3731


四天王寺悲田院在宅サービス

2015年8月1日


就労訓練事業(いわゆる中間的就労)を開始します

開始時期:平成27年7月~

就労訓練事業所:四天王寺悲田院養護老人ホーム

                       四天王寺悲田院特別養護老人ホーム

          四天王寺悲田院デイセンター

          四天王寺悲田院保育園

        

就労訓練事業とは

一般就労と、いわゆる福祉的就労との間に位置する就労の形態として位置づけられており、すぐに一般就労ができない人に対し、本人の状況に応じて就労の場を提供しながら、最終的には、自立的に就労することができるようになることを目標としています。

 

就労訓練事業の対象者

例えば次のような状態にある人が想定されます。

ⅰ)直近の就労経験が乏しい人

・いわゆるひきこもりの状態にある人、もしくはあった人、またはニートの人

・長期間失業状態が続いている人

・未就職の高校中退者 など

 

ⅱ)身体障がい者等であって、障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業等の障がい福祉サービスを受けていない人、身体障がい者等とは認められないが、近似して一定程度の障がいを持つと認められる人、障がいを有する疑いのある人

 

具体的な支援方法

就労支援担当者を1名以上配置し、対象者の就労状況を適切に把握、作業内容について助言を行うほか、自立相談支援機関とも連携のうえ、対象者が一般就労ができるようにするための相談援助や、その他の支援を行います。

就労支援担当者の業務

ⅰ)就労支援プログラムの作成

ⅱ)対象者の就労状況の把握、助言指導

ⅲ)対象者に対する一般就労に向けた相談援助

ⅳ)生活支援、健康管理

ⅴ)自立相談支援機関やその他関係機関との連絡

ⅵ)その他対象者の一般就労に向けた支援に関する業務

 

就労形態について

雇用型:雇用契約を締結したうえで、支援付きの就労を行う段階

非雇用型:雇用契約を締結せず(無償もしくは最低賃金以下)、訓練として就労を体験する段階

上記2つが想定されており、これらの方法により生活困難者に就労の機会を提供しています。

この就労訓練事業は2015年4月施行の生活困窮者自立支援法に定められた事業の一つです。

四天王寺悲田院では地域支援係が総合相談窓口として、就労支援担当者(窓口)となり、悲田院内のコーディネートをさせていただいております。

興味のある方はまず、お気軽にご相談をください。

 

お問い合わせ先

四天王寺悲田院 地域支援係 赤穂

TEL 072-957-3731


四天王寺悲田院養護老人ホーム

2015年8月1日


「就労訓練事業(いわゆる中間的就労)を開始します」

開始時期:平成2781

就労訓練事業所:四天王寺悲田院養護老人ホーム

  四天王寺悲田院特別養護老人ホーム

        四天王寺悲田院デイセンター

        四天王寺悲田院保育園

        

就労訓練事業とは

一般就労と、いわゆる福祉的就労との間に位置する就労の形態として位置づけられており、

すぐに一般就労ができない人に対し、本人の状況に応じて就労の場を提供しながら、最終的には、自立的に就労することができるようになることを目標としています。

 

就労訓練事業の対象者

例えば次のような状態にある人が想定されます。

)直近の就労経験が乏しい人

・いわゆるひきこもりの状態にある人、もしくはあった人、またはニートの人

・長期間失業状態が続いている人

・未就職の高校中退者 など

 

)身体障がい者等であって、障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業等の障がい福祉サービスを受けていない人、身体障がい者等とは認められないが、近似して一定程度の障がいを持つと認められる人、障がいを有する疑いのある人

 

具体的な支援方法

就労支援担当者を1名以上配置し、対象者の就労状況を適切に把握、作業内容について助言を行うほか、自立相談支援機関とも連携のうえ、対象者が一般就労ができるようにするための相談援助や、その他の支援を行います。

就労支援担当者の業務

)就労支援プログラムの作成

)対象者の就労状況の把握、助言指導

)対象者に対する一般就労に向けた相談援助

)生活支援、健康管理

)自立相談支援機関やその他関係機関との連絡

)その他対象者の一般就労に向けた支援に関する業務

 

就労形態について

雇用型:雇用契約を締結したうえで、支援付きの就労を行う段階

非雇用型:雇用契約を締結せず(無償もしくは最低賃金以下)、訓練として就労を体験する段階

上記2つが想定されており、これらの方法により生活困難者に就労の機会を提供しています。

この就労訓練事業は20154月施行の生活困窮者自立支援法に定められた事業の一つです。

四天王寺悲田院では地域支援係が総合相談窓口として、就労支援担当者(窓口)となり、悲田院内のコーディネートをさせていただいております。

興味のある方はまず、お気軽にご相談をください。

 

お問い合わせ先

四天王寺悲田院 地域支援係 大野・赤穂

TEL 072-957-3731


四天王寺松風荘

2015年7月26日


季刊誌『松ぼっくり』 Vo_133 夏号です。


枚方市立総合福祉会館デイサービスセンター

2015年5月19日


平成27年度4月広報誌

ご無沙汰しております

ホームページのブログのサーバーが不安定でしばらく

休止をしていました。

また、ぼちぼちとアップできるようになりましたので、

よろしくお願い致します。

 

少し、前になりますが、平成27年4月より新しい年度を迎えました。

今年度より祝日も営業し、皆様の要望に沿えるよう

さらに頑張っていきたいと思います。

 

ラポールのデイに通うようになり、体が楽になった。

色々な人と話す中で明るくなった!元気になった!と言われる

「元気の出るデイサービス」を目指して取り組んでいきますので、

よろしくお願い致します。

 

広報誌もレイアウトを変更しました。

今年度は様々な情報誌となれるように記事も工夫したいと

考えています。ご期待ください・・・・

4月号はこちらをクリック下さい

↓↓↓↓↓

 H27.4ラポール通信PDF.pdf


四天王寺大畑山苑

2015年4月5日


入所選考指針の改正について

こんにちは。

 大畑山苑のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

平成27年度4月1日より、大阪市指定介護老人福祉施設等入所選考指針が運用となりました。

特別養護老人ホームへの新たな入所の対象が、原則要介護3以上の方になります。

(要介護1または2の方におきましても、特例入所要件に該当する方は、特例的に入所が可能です。)

 

この改正に伴い、入所申込書、入所選考調査票の書式が変更されています。

今後、入所のお申し込みをされる場合は、新書式でご提出いただきますようお願い申し上げます。

 

とくに、要介護1・2の方は、特例入所に係る特記事項を詳細にご記入ください。

また、入所申込書内の同意書欄へのご記名をお忘れのないようにお願い致します。

 

下記の大阪市のホームページに、詳細が記載されております。

また、申込書等につきましてもダウンロードできますので、ご確認くださいませ。

申込書等は大畑山苑でもご用意がございます。

ご不明な点がございましたら、大畑山苑生活相談員まで、お電話でお気軽にお問い合わせください。

 

http://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/page/0000288921.html

 

 

大阪市立大畑山苑

住所:八尾市大字恩智1092-2

電話番号:072-941-0252

担当:石井、西本