社会福祉法人 四天王寺福祉事業団
文字サイズ 大 中 小

[高齢福祉施設] 四天王寺悲田院特別養護老人ホーム

活動状況

2011年6月

2011年6月29日

梅雨時の楽しみ(*^。^*)

蒸し暑い日が続きますが皆さんは体調など崩されていないでしょうか?

施設ではなかなか外に出る事が難しい為、施設内でのレクを実施し少しでも気分転換をはかって頂いています。

 

まずは書道!

みなさん筆を持つと顔つきが変わり、一生懸命書かれていました。

  IMG_1881.jpgのサムネール画像  

続いて、福笑い!

今回の巨大福笑いは、担当スタッフの力作です(^_^)v

正しい位置に目・鼻・口がくればかわいいお多福さんのはずなのですが...(*_*)

う~ん...今回は...(;一_一)  次回をお楽しみに(^O^)/

IMG_2781.JPGのサムネール画像  

 

2011年6月22日

           梅雨

つゆとは、六月から七月中旬にかけて、朝鮮南部・長江下流から、北海道を除く日本列島に見られる雨期。五月雨(さみだれ)。ばいう。 

【梅雨の語源・由来】

梅雨は、中国から「梅雨(ばいう」として伝わり、江戸時代頃より「つゆ」と呼ばれるようになった。

「日本歳時記」には、「此の月淫雨ふるこれを梅雨(つゆ)と名づく」とある。

中国では、黴(かび)の生えやすい時期の雨という意味で、元々「黴雨(ばいう)」と呼ばれていたが、

カビでは語源が悪いため、同じ「ばい」で季節に合った「梅」の字を使い「梅雨」と呼ばれていた説がある。

日本で「つゆ」と呼ばれるようになった由来は、「露(つゆ)」からと考えられるが、梅の未が熟し潰れる時期である事から、「潰ゆ(つゆ)と関連付ける説もあり、梅雨の語源は未詳部分が多い。

悲田院特養のご利用者の皆様に、気分快適にお過ごし下されるよう、玄関に夏の花々を植樹しそれをご覧頂いております。

ご家族の皆様方も当施設へお越しの折には是非ご覧下さいます様に。いつも有難うございます。

 

 

  IMG_1851.jpg

2011年6月15日

♪ぴちぴちちゃぷちゃぷらんらんらん♪

皆さまこんにちは。

毎日じめじめとした日が続きますが、体のコンディションはいかがでしょうか。

湿気のせいか、この時期はなぜか疲れやすいような気がしませんか?(^^;)

 

梅雨は少しうっとうしいですが、悲田院特養内には、ご利用者に作っていただいたてるてる坊主があちらこちらで私たちを和ませてくれたり、「晴耕雨読やなっ」と言って読書に勤しむご利用者が増えたりと、梅雨には梅雨の楽しみ方があるんだなぁとしみじみと感じる今日この頃です★

 

さて、毎月恒例のおっきな壁面が今月も完成いたしました♫

 

「あめあめ ふれふれ かあさんが じゃのめでおむかえ

嬉しいな♪ ぴちぴち ちゃぷちゃぷ らんらんらん♪」

 

ご利用者の皆さま、口ずさみながら一生懸命作ってくださいました。

カラフルな紫陽花がとってもかわいらしいです(^^)

 

壁面 002.jpgきっと、幼い頃母に手をひかれて歩いた雨の日を思い出されていたんだろうなぁ。

 

それでは、これから蒸し暑い日が続きますので、体調を崩される事のないよう、ご自愛くださいませ。

 

2011年6月8日

トマトとナスの成長日記

こんにちは。6月に入り、梅雨の季節がやってきましたね。

雨がうっとうしい季節ですが、職員もご利用者も元気いっぱいです!!

 

現在、西フロアではトマトとナスの菜園を行っています。

ご利用者も積極的に水やりに参加してくださって

これから実がなるのがとっても楽しみです!

 

IMG_1456.jpg 

元気に育ってくれることを願って、これからもご利用者と力を合わせて

水やりを行っていけたらと思っています。

 

IMG_1458.jpgまた、大きくなったトマトやナスの写真をのせたいと思っていますので

楽しみにしていて下さいね。