社会福祉法人 四天王寺福祉事業団
文字サイズ 大 中 小

[高齢福祉施設] 四天王寺大畑山苑

活動状況

2014年5月

2014年5月25日

5月ごちそう倶楽部

5月23日、24日はごちそう倶楽部の日でした。

今回のテーマは『ご当地の菓子~奈良・兵庫~』です!

ご当地と言っても今はネットで簡単に買えます。

口コミで評価を見ながら選べばおいしい物にたどり着けます。

でも、おいしいことはもちろんそれ以上の何かを感じて頂きたい。

『おいしいよ』『おいしい物を食べてきたよ』だけではない何か。

それなら直接買いに行ってみよう!!

ということで、今回は奈良を代表する『柿珠玉(かきしゅぎょく)

という柿のお菓子を求め、出かけました。

ただ買うのではなく、道中をビデオで撮影しました。

さらに、無理を言い、『奈良吉野いしい本店』さんに協力して頂き、

お店での様子を撮影。そして、さらにさらに

ごちそう倶楽部の会員の方へのメッセージも頂きました!

最初は協力してもらえないかも…と思っていましたが、

何から何まで協力して頂き、とにかく気持ちの良いほど良い人で、

熱い想いを持った人でした。

これなら『おいしい以上の何か』をご利用者に感じて頂けると確信し、

大阪に帰ることにしました。

そして迎えた当日。

ご利用者に自分たちが感じたこと、喜んで頂きたいという

一途な想いが伝わるのか、自信と不安がありながら、

ついに編集した動画を見て頂くことになりました。

  DSC06036.JPG DSC06038.JPG

合間合間にご利用者の笑顔や『へぇ~』『お~』という相槌。

終われば拍手しておられる方や何度も頷かれている方の姿があり、

不安はなくなりました。

実際のものを見て頂くと、

 DSC06089.JPG

『すごい!こんな珍しいものがあるんやね』

DSC06048.JPG

『いや~これか~。すごいな~』

と、食べる前から大盛り上がりでした。

そして、いざ一口食べると、

『おいしい!こんなの吉野に行ったことあるけど食べたことない』

『おいしいからあんたらも食べなさい!』なんて言いながら、

1つ丸々食べてしまう方が殆どで、普段ご利用者の様子を見ている

スタッフとしても驚きでした。

 DSC06099.JPG

終わってからは、

『こんなこと生まれて初めて。本当にうれしい。』

『ここまでしてくれてありがとう。ごちそうさま。』

と言われて、

あぁ、おいしい以上の何かが今、目の前にあるなと思いました。

ご馳走ってこういうものなのかと感じました。

皆様にとってのご馳走とは何でしょうか?

おいしい物ですか?思い出のもの?高級なもの?

今、私たちは『ご馳走とは何か』ということについて考えています。

良ければ皆様にとってのご馳走とは何か是非教えて下さい。

お気軽にコメントして下さいね☆

 

今回協力して頂いた『奈良吉野いしい本店』の皆様、

本当にご協力ありがとうございました。

 DSC06105.JPG

2014年5月1日

姿勢を考えてみる。

ココナッツグループからお送りします。

皆様は普段から自分の「姿勢」を意識した事がありますか?一言に「姿勢」といっても寝ている時や座っている時、立っている時等々、いろんな姿があります。

近頃では腰痛や肩こりも姿勢を正す事で改善できる!なんてテレビでも言われていたりします。

介護の場面でも、寝る姿勢の「ポジショニング」や座る姿勢の「シーティング」と呼ばれたりします。これがきちんと出来ていないとよく聞く「床ずれ(褥瘡)」の原因になる事もあります。

例として座位の姿勢が保てない方の場合で言うと、食事や飲み物が飲み込みにくい、単純におしりが痛い、または座っているのにすぐ疲れるといった事になります。皆様はイスに当然座られるかと思いますが、座ったままでも無意識にお尻をずらしたり、背筋を伸ばしたりしていますよね?

映画館なんかに行くとわかるかと思います。1時間~2時間程度ですが、座りっぱなしです。ずっと同じ姿勢で動かずに座る事は出来ないはず。むしろ肩がこってしまったり、車の運転を長時間行う時も同じ様な感覚ですよね。

もちろん車椅子に乗っていてもそうです。ただ人間は高齢になると、背筋や腰が曲がったり、筋力が低下したりと体格や人によって異なりますが、その人毎にあった姿勢を見つける必要があります。クッションやタオルや背もたれなんかを使用し、一つ一つ考えながら。

これはその内の一コマです。

  DSC05906.JPG

車椅子に座られていますが、背中と背もたれに空間が出来ており、そこにクッションを使用して、その空間を無くしました。

「これどうですか?」の問いに、ご本人から「楽。」と返答がありました。

少しの事ですが、大切な事ですよね。楽になるんですから。

ほんの少しの当然の事かもしれませんが、これも積み重ねる事で快適な生活に繋がると思います。

あたり前の事があたり前に出来るようになる。これって介護の場面では大きな目標です。

もちろん当たり前となると、「座る」でイメージするのはイスですよね。車椅子は移動の時だけしか使わないよ!ってな事はよく考えれば自然な事です。

でも、それに至るには職員の様々な工夫や知識を向上させる事が必要です。

少しでもご利用者の皆様が快適な生活を送れるように、日々考え、学びながら一歩づつでも進んで行きたいと思います!!

以上、ココナッツグループでした(#^.^#)

次回は6月1日頃にふるふるよりブログ更新予定です。お楽しみに((+_+))