文字サイズ 大 中 小

HOME > お知らせ > 障害福祉施設

障害福祉施設

19/19ページ


四天王寺悲田院通園施設

2009年4月23日


通園施設の新しい春

   暖かい春の日を浴びて桜の花もちらほら咲き始め、希望の新年度を迎えました。

   春から通園施設に初めて通うことになったお友達、昨年から引き続き通園されるお友達。それぞれに、希望の中にも不安が入り混じっていることと思います。一人で、または、ご家族だけで、悩んでおられるならば、今日からは、その不安や悩みを、私どもと一緒になって、どうしたらよいのかを考えていきましょう。お子さんを支えるのは、第一に親御さんであることは言うまでもありません。しかし、一人で、ご家族だけで悩む必要はないのです。私ども通園施設は、皆さまを全力で支援していきます。私どもだけでなく、四天王寺悲田院、子ども家庭センター、各市の子育て支援課などが、皆さまを支援してくれるはずです。

 ただ、今、通園施設の在り方そのものが社会から問い直される時期を迎えています。障害者自立支援法の適用、行政補助金の大幅な見直しなど、今までに経験したことのない変革の波が次から次に押し寄せてきています。

 しかし、時代や制度が変わろうと、この地域で子どもの発達支援の機能を有する通園施設の存続は、それを必要とする子どもたちやご家族、延いては、この地域社会のために、今はまだ、不可欠だと考えております。未来に向けて、子ども達には「夢」を、親御さんには「感動」を、職員には「誇り」を見出して頂ける施設を目指します。

 この地域で、今後とも発達支援の機能を持つ通園施設を存続させるためには、今までの在り方では難しくなってきています。通園機能存続のために、これからも、皆さまと意見交換し、ご協力を得ながら、様々な改革を進めていきます。一時的には後退したように見えても、将来の為には、今、しなければならない改革であることをご理解お願いいたします。

 加えて、時期同じくして、今年度から2年間を目途に、悲田院高齢部門の建て替えが始まります。工事車両の通行や駐車場の件などで、ご不便をおかけすることも多いと思いますが、ご理解ご協力を重ねてお願いいたします。

画像 009.jpg施設長 原 健一郎


四天王寺太子学園

2009年4月16日


職員の思い。

学園には、子ども達の元気な声や素晴らしい笑顔がいっぱいです。

私達職員は、子ども達や保護者の方々が安心して安全な毎日を過ごせるように、更なる質の高い支援を目指しています。

恒例の「桜まつり」、「盆踊り大会」、太子町万葉ホールでの「クリスマス会」など季節ごとの行事には、地域の方々にも多数参加していただき、太子町のふれあいスポーツ大会や近隣施設の行事に参加させていただくなど、地域と共に育っていく環境を大切にしています。

全ての人が「安心して暮らせる」ために、地域にとって、ご利用児・者にとって太子学園がなくてはならない施設となりますよう、職員一同取り組んでいきたいと思います。


四天王寺太子学園

2009年4月15日


平成19年度(第57回)NHK歳末たすけあい義援金が配分されました。

 配分されたお金は、子どもたちの入学準備品の購入に当てさせていただきました。

学校が私服なので、服を購入したり、鞄や靴を買ったりしました。

 寄付金にご協力いただきました住民や寄付者の皆様に感謝申し上げます。

 どうもありがとうございました。


やまぶき園(島本町立)

2009年4月8日


やまぶき園バザー開催!!

平成21年度 やまぶき園バザーのお知らせ

日 時 : 6月6日(土) 午前10時から午後2時まで

場 所 : 島本町立やまぶき園

♪物品提供のお願い♪

ご家庭で眠っている食器・衣類などありましたら、ご提供をお願いします。

※生もの・電化製品・人形などは、お引き取りできません。

引取受付:4月20日~5月29日まで  問い合わせ:075-961-8100(平日の9時~17時)

担当:新居・井出・中川

 


四天王寺太子学園

2009年3月30日


福祉サービス第三者評価の受審結果の公表

四天王寺太子学園では利用者本位のサービスの提供のため、第三者評価を受審し、その結果についてもインターネットで公表を行い、サービスの質の向上に努めています。

 

『福祉サービス第三者評価システム推進支援会議・大阪 福祉サービス評価結果情報』

http://www.humind.or.jp/hyoka/hyoka28.html

 

20090601122244903_0001(縮小).jpg


19/19ページ