社会福祉法人 四天王寺福祉事業団
文字サイズ 大 中 小

[高齢福祉施設] 四天王寺きたやま苑

活動状況

2016年3月

2016年3月28日

照明器具交換

きたやま苑の照明を蛍光灯から高効率のLED照明に交換しました。
LED照明の中には、暗いものもありますが、とても明るいLED照明を採用しています。

入り口のロビーです。
DSCN9289.JPG

ロビーからお風呂へ繋がる廊下です。
DSCN9290.jpg

お風呂場の入り口です。
DSCN9291.jpg

一般浴と機械浴も交換しました。
LEDは指向性が高い為、反射した照明の光がお湯の揺れで、お湯がキラキラと輝きます。
これは想定外でした!
落ち着いた色合いで、とてもいい雰囲気になりました。
DSCN9292.jpg

こちらは特養居室前廊下です。
DSCN9293.jpg

特養活動スペースです。
DSCN9294.jpg

特養は、温かみのある暖色系を採用しました。
デイサービスは、ナチュラルな昼光色を採用しました。

こちらは、認知症対応型デイサービスです。
DSCN9295.jpg


こちらは、一般型デイサービスです。
DSCN9296.jpg

面会やお立ち寄りの際は、是非ご覧下さい^^v
2016年3月3日

今日は桃の節句♪

3月3日は桃の節句 ひな祭りですね。

きたやま苑では、玄関に7段飾りのひな人形

飾っています。

最近は、ご自宅でもお内裏様とお雛様だけの

お飾りが多いようで、来苑される方も、ご入居されて

いる方も、「きれいね。」「懐かしいね。」と

記念撮影をされたり、昔を思い出してお話されたりしています。

DSCN3681.jpgDSCN3680.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだん春が近づいてきますね。♪♪

 

2016年3月1日

歩くことを継続しよう!

こんにちは。機能訓練指導員の篠田です。

 

3月に入り徐々に気温が上がってきましたね。気温が上がると外にお出かけしたくなりますね。そこで今回は歩行の話を紹介したいと思います。

 

一般的には「寝たきりになると認知症になりやすい」と言いますが、その逆を言うと「しっかり歩いていれば認知症になりにくい!」と言うことです。歩くことは全身の筋肉を使うだけではなく、脳にまで良い影響があると言われています。

 

ラットを使った実験によると、「歩行の速度や年齢に関係なく脳の血流が改善した」との報告もあります。また歩行と同時に脳に負荷を与えるとさらに効果があるとされています。歩きながら100から7を引き続けたり、一人でしりとりをしたりすると効果が期待出来ます。

 

ご家族やご友人の方と一緒に散歩に出掛けて楽しくお話する事も、脳に刺激を与える意味ではとても良いと思いますよ!

 

そして何よりも大切な事は楽しみながら継続すること!一日だけへとへとになるまで歩いて次の日は家から一歩も出ない・・・ではあまり運動の意味はありません。季節の移り変わりを感じながら、毎日少しずつでいいので歩くことを楽しんで下さいね!

 

 

さんぽ.jpg