社会福祉法人 四天王寺福祉事業団
文字サイズ 大 中 小

[高齢福祉施設] 四天王寺悲田院在宅

活動状況

2022年9月20日

「敬老の日」㊗ (訪問看護・訪問リハビリ 9/20付 空枠更新)

こんにちは 訪問看護・リハビリのブログですお月見~1.GIF

皆様、9月19日(月)の「敬老の日」の由来を御存じでしょうかはてな.gif

諸説ありますが、聖徳太子が「悲田院」を建立した日と言われています。★ぼかし.gif

   実は 敬老の日は2002年までは 9月15日だったそうです。 しかし、ハッピーマンデー制度(祝日の一部を月曜に移動させ、3連休を作り余暇活動を促進させようという制度)で15日から19日に変更され、現在は9月19日(月)が「敬老の日」となったそうです。花束_M~1.GIF   

1.jpg

もう1つ似た名前の日に「老人の日」と呼ばれる日があります。 この日を聞いたことのある方はどのくらいおられるのでしょうか  敬老の日を19日に変更することに反対する人も多く、元々の9月15日を「老人の日」と名前を付けて 祝日ではなく啓発を呼びかける日として残したそうです。 

 普段何気なく祝日を過ごしていますが、祝日には色々な意味が ありその意味を時間のある時に調べてみると新しいことが知れるかもしれません。ハッピー_~1.GIF

  今回、自分自身も ふと祝日があると気づいてから 興味本位で調べると「悲田院」に関係することだと知ったように何か祝日には特別な意味があると思うのでまた調べてみようと思いました。笑顔+嬉しい_m[1].gif

皆様も良かったら 空き時間やふとした時に 少し調べてみてください 学校だよ。勉強[1].gif


十五夜.png

藤井寺市・羽曳野市で訪問看護・訪問リハビリのご利用を希望 される方がいらっしゃいましたら、    お気軽にお問い合わせ  くださいませ。

訪問看護・訪問リハビリの最新空き枠情報(9月20日更新)

 

こちらです →訪問看護・リハ空き枠情報0920.pdf


2022年9月19日

書道大会

こんにちは デイセンターのブログです😊

 

まだまだ暑い日が続いています!

みなさんもしっかりと水分補給して下さいね。

 

デイセンターでの出来事を紹介したいと思います。

先日デイセンターで書道大会を行いました。

テーマは『初恋』♡

 

さて…初恋と聞いて皆さまは

どんな事を想い浮かべましたか❔❔

きっと、楽しい素敵な思い出が

頭に想い浮かんだ事と思います。

 

まだあげ初めし前髪の

林檎のもとに見えしとき

前にさしたる花櫛の

花ある君と思ひけり

 

今回は、皆様の甘酸っぱい素敵な思い出を聞きながら

『初恋』を書いて頂きました。


1人1人文字の大きさや、バランスが違って

とてもいい味が出ていますね!!

 

8-1.jpg

 

 

8-2.jpg

 

 

8-3.jpg

 

今回の作品は順につなげて1つの大きな作品にし、

11月の文化祭で共同作品として展示したいと思います✨

 

8-4.jpg

 

 

 

書道大会が終わった後は、おやつにかき氷🍧

マンゴー もも 抹茶あずき の3種類から

お好きな味を選んで頂きました。

かき氷も『懐かしい~』と大好評!!

8-5.jpg

 

文化祭で完成した作品を見て頂きたいと思います!

お楽しみに!!😊

2022年8月26日

今年も蓮の花が満開です!

残暑お見舞い申し上げます。

まだまだ暑い日が続いております。

皆様いかがお過ごしでしょうか😊

 

今年も自慢の浮御堂の蓮池の紹介をしたいと思います✨

蓮の開花時期は7月から8月です。

毎年とてもきれいな花を咲かせてくれます。

 

花言葉の「清らかな心」は、蓮が泥水の中から生じて、

気高く清らかな花を咲かせることに由来すると言われています。

共に過ごす人たちに対しても清らかな波動を伝え、

穏やかで思いやりを持ちながら接する心を、

大切にしていきたいですね!

 

7-1.jpg

 

 

7-2.jpg



7-3.jpg


デイセンターでは、毎日、敷地内の浮御堂の散歩を行っています。

この時期は蓮を眺めながら散策し、暑さを癒してくれています。


私たちの住む地域もまだまだ自然はありますが、

悲田院の浮御堂の景色を、

ぜひ皆様にも観賞していただきたいと思います。

ご見学や体験利用の際は、ぜひご覧ください。


あと少し暑い日が続きますが、

体調にはお気をつけてお過ごしくださいね😊

2022年8月20日

バス乗車練習🚌 (訪問看護・訪問リハビリ 8/20付 空枠更新)

こんにちは 訪問看護・リハビリのブログです たいよ~1.GIF

今回は、訪問リハビリで実施させていただいた、 「外出練習(バス乗車練習)」についてご紹介させていただきます。森10DF~1.GIF

Aさんは、昨年夏に膝の手術を受けられ、退院後に訪問リハビリ介入となり、主に筋力増強、歩行能力の改善を目標に、リハビリを進めさせていただいていました。 

当初は、以前から散歩していた自宅周囲を屋外散歩したいという希望があり、屋外歩行練習を進めていました。徐々に歩行距離の延長ができるようになり、 ある日、ご本人から「今は夫が運転してくれるけど、今後のことを考えると、バスが利用できた方が安心」 「バスに乗ることができたら、図書館や公共施設で開催されるコンサートに行きたい」と、日常生活でのバス乗車についてのご希望がありました。 お出掛~1.GIF

ここで、ご本人、ケアマネジャーとも話し合い、新たに「日常生活でのバス利用」を訪問リハビリの目標として掲げ、練習を進めることとなりました。

202208203.jpg

では、具体的な練習内容についてご説明します。

乗車時の環境調査を行ったところ、Aさんの自宅近隣を走行しているバスは、ワンステップバスとノンステップバスの2種類ありました。乗車時刻を決めて、事前にどのバスが通るかバス会社に聞くことはできますが、予定に合わせて利用するとなるとどちらのバスにも乗車できる能力が必要です。最高の段差の高さはワンステップバスの26cmであり、その段差を手すりを持って昇降する必要がありました。また、バス停によっては1段高くなった歩道から、一度車道に降りてからバス乗車しないといけないことも分かり、Aさんが自信を持って、日常的にバスに乗って外出するためには、

①  手すりを持ってバス内の段差26cmの段差を昇降できること                                                                            ② 手すりのない環境で、歩道から車道の段差20cmを昇降できること

が必要だと分かり、予備練習を重ねることになりました。 

202208202.jpg

①のバス内の段差に関しては、見守りで行えることを目標に自宅内の階段+足台で同じような環境を作り段差昇降練習を実施、  ②に関しては、一緒に外出してくださる夫に協力していただき、介助指導を行ないながら自宅ガレージの段差を使用して練習を  進めました。段差昇降が安定して実施できるようになったため、自宅からバス停に歩行し、実際にバス乗車を実施したところ、  目標通りの見守り~軽介助で乗車することができました。    ご本人は「練習していたので落ち着いて乗車することができた」 「これで夫と外出できそう」と練習の成果を感じておられました。四つ葉のクローバー[1].gif

 202208204.jpg

 その後、 実際に夫とバスに乗車して公共施設に出掛け、        オーケストラ鑑賞や、ラジオの公開収録鑑賞に参加され、とても喜んでおられました。可愛い~3.GIF

202208205.jpg 202208206.jpg

利用者様の楽しみや、生活範囲の拡大のお手伝いができたことを、とても嬉しく思います。今後も、ご利用者様がその人らしく楽しみを持ちながら自立した在宅生活を送ることができるよう、支援をさせていただきたいと思います。 ★ぼかし.gif

 b_illust_75_0M.png

藤井寺市・羽曳野市で訪問看護・訪問リハビリのご利用を希望 される方がいらっしゃいましたら、    お気軽にお問い合わせ  くださいませ。

訪問看護・訪問リハビリの最新空き枠情報(8月20日更新)

 

こちらです → 訪問看護・リハ空き枠情報0820.pdf

2022年7月27日

いつまでも勉強

お久しぶりです。ソーシャルワーカーのAです。新年度に入りバタバタしてしまい、しばらくブログを更新できず申し訳ございませんでした。これからは頻度をあげていけるように頑張ります!!

kaisya_phone_isogashii_man.png

7月24日(日)私の所属する社会福祉士会の基礎研修に行ってきました。

unnamed.jpgのサムネール画像

社会福祉士会には「生涯研修制度」があります。資格をとれば勉強は終わりではなく、資質向上のために、生涯にわたって研鑽を重ねる事を支援する制度です。

社会福祉士の上位資格である「認定社会福祉士」を取得するための必須研修でもあります。

test_shiken_businessman.png

上位資格と言えば、ケアマネジャーにも「主任介護支援専門員」(主任ケアマネ)の資格があります。

専任のケアマネとして通算5年以上経験した者等で、さらに長期にわたる研修をクリアできた人だけが取得できる貴重な資格です。

求められる役割として、他のケアマネジャーへの助言や指導 、地域包括ケアシステムの構築のための地域づくり、事例検討会の開催などを通じた地域のケアマネジャーのスキルアップや交流などが挙げられます。

また、一度取得すれば終わりではなく、5年ごとに更新研修(8日間)が必要となります。

 

job_care_manager_woman.png

当事業所では、今年度3名の主任ケアマネが更新を行います。さらに、新たに1名主任ケアマネにステップアップしたいと考えています。

基礎体力を着実に強くしているケアプランセンターです。安心してご相談ください

 

四天王寺悲田院ケアプランセンター

072-957-3731

2022年7月20日

脱水・熱中症に気をつけて❕(訪問看護・訪問リハビリ 7/20付 空枠更新)

こんにちは 訪問看護・リハビリのブログです  ふうり~1.GIF

7月半ばを過ぎ毎日暑い日を過ごされていると思います。たいよ~1.GIF

暑い日が続くと熱中症に気をつけないといけません。注意_1~1.GIF

熱中症といえば真夏にかかるものと思っていませんか はてな.gif

実は熱中症は毎年梅雨明けの7月下旬~8月上旬に多く発症していますが、今年は例年より気温が高く、早く梅雨明けしたこともあり、ニュースなどで熱中症で病院に救急搬送されたと報道されているのを毎日耳にされていると思います。乗り物~1.GIF

 

食事を抜いたり寝不足になると、熱中症になるリスクが高くなります。また、汗をかく習慣をつけておくと 梅雨の後の急な暑さにも   慣れやすくなり 熱中症にかかりにくくなりますので、  きちんと食事、睡眠をとり、適度な運動を行い暑さに負けない体を作りましょう。ハッピー_~1.GIF

 

そして、熱中症の始まりは体の水分不足、つまり脱水です。チェッ~1.GIF 暑さで水分が失われやすい為、この時期は特に意識してこまめな水分・塩分補給を心掛けて脱水・熱中症予防を行う必要があります。

また、脱水は血管に負荷がかかる状態で、体内の水分が不足すると血液の濃度も増し、血栓が作られやすい状態になります。特に高血圧などで動脈硬化が進行している人では脳卒中や心筋梗塞を起こす要因になる可能性があります。 こうしたことからも、 日頃から水分を上手に摂取する習慣をもち、 脱水を防ぐことが大切です。

脱水や熱中症は屋外だけでなく屋内にいても起こります。室温28℃を超えないようエアコンや扇風機を上手に使用しましょう。家電だ~2.GIF

 

< 水分の上手なとり方>

平常時の水分摂取に最適なのは常温に近い温度の水

1日のめやす摂取量は1~1.5L程度

ゆっくり少量(150~200ml)ずつ、7~8回に分けてこまめに飲む

特に体から水分が失われやすい次のタイミングでの補給を忘れずに!_1_~1.GIF

①     起床時 ②運動の前後 ③入浴の前後 ④就寝前

(病気療養中で水分摂取制限のある方は主治医の指示に従ってください)

b_illust_86_1M.png

 

藤井寺市・羽曳野市で訪問看護・訪問リハビリのご利用を希望 される方がいらっしゃいましたら、    お気軽にお問い合わせ  くださいませ。

訪問看護・訪問リハビリの最新空き枠情報(7月20日更新)

 

こちらです →  訪問看護・リハ空き枠情報0720.pdf

 

2022年7月19日

ケーキバイキング🍰

こんにちは、デイセンターのブログです(*^-^*)


甘いものを食べると幸せな気持ちになりますよね✨

幸せな気持ちと、選べる楽しさもプラスし、

デイセンターでは『ケーキバイキング🍰』を

させて頂きました!

 

王道の『いちごのショートケーキ』や『モンブラン』、

おしゃれな『生チョコケーキ』や『モカ』、

今流行りの『バナナケーキ』…

 DSC_0078.JPG

 

 

ケーキのデコレーションは、

栄養課の方がして下さいました✨

 

素晴らしくかわいいデコレーションに皆様からも

「おいしそう!!」「食べるのがもったいないナ♡」の

お声が上がっていました。

 

 

皆様がおいしそうに、

幸せそうに召し上がって下さるご様子を見て、

こちらまで幸せな気分になりました(*^-^*)

 

 

 

 

デイセンターでは引き続き感染症対策を取りながら、

皆様に安心して楽しんで頂ける催しが出来るよう

取り組んでまいります。




2022年6月20日

『自助具』ってご存知ですか?(訪問看護・訪問リハビリ 6/20付 空枠更新)

こんにちは 訪問看護・リハビリのブログです 梅雨だ~4.GIF

皆様『自助具(じじょぐ)』という言葉はご存知ですか はてな.gif

『自助具』とは障害や病気、加齢による身体機能低下による      動作の困難さを補う為の道具です。

食事・入浴・家事・更衣・排泄・余暇活動 等 日常生活の様々な場面において、身体の不自由な人の自立を助け、可能な限り自分自身で容易に行えるように補助し、日常生活をより快適に特別に工夫された道具です。ダイヤキラキラ_゜_m[1].gif

今回、いくつか紹介させて頂きます。手だよ~1.GIF

 🌞 おはしが握りにくくなったら・・・こんなのあります。


 

🌞 手指の変形や手指の力が弱くなった・・・

     口元まで腕が届きにくくなった・・・・ 

   こんなのあります。

 スプーン.jpg

 

🌞 ボタンがかけにくくなった(細かい指先動作が困難)            

                 
🌞 遠くのものが拾えない(股関節の可動域が制限)

     靴下が履きにくい

  リーチャー.jpg

既製品をその方の身体に合わせて微調整したり、

廃材を利用して一から作成したりいろいろですが、

自分自身でできないと諦めていたことが自助具を使うことで

自分で出来るようになって生活の幅が拡がることもあります。

何かお困りごとがある場合は、訪問リハビリの療法士まで

ご相談くださいませ。

               猿お辞儀.png

 b_illust_33_1M.jpg

藤井寺市・羽曳野市で訪問看護・訪問リハビリのご利用を希望 される方がいらっしゃいましたら、    お気軽にお問い合わせ  くださいませ。

訪問看護・訪問リハビリの最新空き枠情報(6月20日更新)

 

こちらです → 訪問看護・リハ空き枠情報0620.pdf

2022年6月10日

クイズについて(*^▽^*)

こんにちは、デイセンターのブログです(*^-^*)

 

段々と暖かくなってきて、夏の近づきを感じる日々ですが皆様いかがお過ごしでしょうか🎵

 

当センターではお越しいただく皆様に楽しく過ごして

頂こうと、レクリエーションの一環として『頭の体操』

という時間を設け、様々なクイズを実施しています❣

 

今回は実際に出している問題をご紹介します✨

 

変わった読み方の地名ですが何と読むのでしょうか❔

 

「 神居古潭 」

「 石神井 」

「大歩危」

「 宿毛 」

「 日出 」

「 喜屋武 」

 

どれも難しいものばかりですが、

全てご利用者が正解されました。

すごいですね!!(*^▽^*)

 

答えられた際に旅行で訪れた話等

色々なお話を聞かせて頂けたりもしました✨

 

ちなみに正解は順に、

「かむいこたん」(北海道)

「しゃくじい」(東京)

「おおぼけ」(徳島)

「すくも」(高知)

「ひじ」(大分)

「きゃん」(沖縄)です!

 

他にも食べ物や花、難しい漢字の読み方クイズや

日本の歴史クイズ等様々実施していますが、

皆様とても詳しく、私達も勉強になったりと、

お互いに刺激し合っています!(^^)!

20220603_131050 (002).jpg

ご利用者にも楽しんで頂けており、

「国名を漢字で書いたのを読むのはどう❔」や

「名所や名産品でどこの県か当てるのは❔」と

問題のリクエストを頂くこともあり、

とても積極的に取り組んで頂いています(^▽^)/

2022年5月23日

人生100年時代

こんにちは。ソーシャルワーカーのAです。

 

今月、75歳以上の自動車免許更新の制度が変わりました!

menkyo_old_man.png

一定の違反歴がある人は、実車テストに合格しないと更新できません。

サポートカー限定免許も導入されました。

kyousyu_ojiisan.png

 

先日、西川きよし師匠(75)が免許返納した事が話題になりました。ケアマネとして高齢者支援をしていると、どうしても通院や買い物で車に乗らざるを得ない人も多いです。免許返納を促すだけではなく、車を運転しなくても困らない社会を作っていかないとダメですね。

car_menkyo_hennou_woman.png

75歳になる、ソーシャルワーカーAの父親も最近仕事を始めました。

school_syakaijin_gakusei.png

「人生100年時代!」いつまでも活躍できる場がある事は大切ですね。

地域社会でも高齢化が進んでいます。以前、民生委員さんと話していると、団塊世代の事を「若手」「これからの人」と言ってました。

昨年は、高年齢者雇用安定法が改正され、今年は年金支給を75歳まで延ばせるようになる等、法律や制度面でも大きな動きが続いています。

 

fashion_osyare_ojiisan.png

30代の自分は、あと何年働くのだろうかと思う時があります。

目標は、あと40年間在宅支援に携わる事です!

長い道のりですが、コツコツ頑張っていこうと思います。

 

kaisya_phone_isogashii_man.png

四天王寺悲田院ケアプランセンター

072-957-3731

カレンダー
カテゴリー
バックナンバー
最近のコメント